2010年04月20日

くりお君とデート♪


昨日ね。 みぃちゃんと一緒にうちの近くにあるペットカフェ「pretty-one」さんに犬連れで遊びに行ったのよ〜っ 
近所のわんこ友達のごんまりちゃんママに教えてもらったお店なんだけど、気に入っちゃってちょこちょこ通ってるんだ。

今日pretty-oneさんのブログを覗いてみたらくりちゃんとチビキの写真が載ってて超うれしかった(笑) 

20100420001.jpg

ハイタッチをさせようとしているところ

20100420002.jpg

できたー!
でも目線はみぃちゃんのお皿に・・・・   じーーーーっ


話題はもっぱら「乳がん」ネタではなく、「わんこ」ネタで盛り上がり、ぺちゃぺちゃおしゃべりしていたらあっと言う間に2時間以上経ってたよっ  

看板犬のプティ君、すんごいかわいいの〜っ  お人よしっていうか、あ、犬だからお犬よし?(笑) 
何をされても怒りません、僕はっ て感じなの(笑)    



20100420003.jpg

あれ? なんちゅー格好してるの??


20100420004.jpg


撮影中のポーズなのかしらぁ・・・ (笑) 


20100420005.jpg


こーんなに美人さんなダックスちゃん「小麦ちゃん」もいました。 目がおっきい!


わんこやニャンコは(もちろんうさぎさんもね!みぃちゃん!)本当にかけがえのない存在よね。
言葉を話さないだけで目で行動でちゃんと意思表示して、結構立派な行動取ったりしてね(笑)

この日もね。途中からもうひとりの看板わんこのアトム君(黒いプードルちゃん)が入ってきて、チビキに向かってご挨拶に突進してきたんだけど、チビキがびっくりして怒り狂っちゃって・・・(汗) 
驚いて抱っこしちゃったのね。
もちろんワシが抱っこしちゃうともっと強気になってしまうことはわかってるんだけど、何かあったとき「今のなし!」ってできないじゃん?  噛んじゃうことはないとは思うんだけど(食い物以外噛んだことがないから)

その後、アトムちゃんはくりちゃんにご挨拶しはじめたんだけど、もおそれを見てチビキが「くりに何をするんだーーーー!!!」って更に怒っちゃって、途中でくりちゃんも「もうやめてよ!」ってアトムちゃんに怒ったら加勢しちゃって目の玉ひんむいて怒り狂ってた・・

仲間意識があるのよね。 くりちゃんを守らなくちゃって思ってるの。 うるさく吠えてくりちゃん以外のわんこと仲良くできなかったからいっぱい叱っちゃったけど、後になって「あー あれも友情の表れなんだよなー」って思った。 

初対面だと大抵駄目なんだけど・・ 一度仲良くなっちゃうと、ものすごく相手に寛大になるチビキ・・  くりお君が何をしても全ーっく怒りましぇん(笑) たとえ噛まれても(笑)
「くりちゃんのこと大事なんだなー」って思っちゃった(笑)

友達を大事にするって基本よね。 そうありたいわ。  



でもワシは噛んだら怒るよ? わははーーっ

posted by ナイトカオ at 14:20| 東京 ☀| Comment(1273) | TrackBack(0) | 楽しい事♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月17日

はじめての老眼鏡


老眼鏡.jpg



何のヘンテツもない茶色のプラスチックフレームの眼鏡。  

でもこれワシの記念すべき(?)はじめての老眼鏡なんだ!

5つ上の兄貴はすごーく早かった。 ワシが30歳になったかならないかの頃、既に待合室においてある老眼鏡の一番弱いやつが「すごく快適!」と言っていた。  それを聞いてワシは「えーーーー あんたもう老眼なん〜?」と大いにバカにしたものだが・・

あれから16年・・ とうとうワシにもその日が来た。   兄よ、思う存分笑うがいい!


思い返せばキヨ犬を飼い始めたと同棲しはじめた頃から(39歳だったような・・)食品の賞味期限を見るのが面倒だなーと感じ始めていたなぁ・・  目をこらさないとよく見えない・・感じね

で、乳がんになってからエストロゲン様効果を持つ甘草などの入っていないものを選ぼうと必死になって裏面を読むようになって更に目を細めて遠目に持つようになってきた事に気づいた。   それは自分だけでなくキヨ犬も(笑)  でかい夫婦二人してちりめん山椒の表示を睨み付ける絵・・ 想像すると怖いっつーの!(笑) 

で、最近ね。読みたい本があって「寝る前に読むべぇ」と思っていたんだけど・・
「あれ?」
「あれれ?」
「じぇんじぇん見えない!」

まったく見えないというわけじゃないけど、すごーく疲れる・・  だめだ、これじゃ・・ 


というわけで、とうとう決意!


「眼鏡屋さんに行こうっ!」


最初は一番弱い出来合いの老眼鏡を買って慣らそう・・・と思ってたのだけど・・
一番弱いのでもちょっと強いのと乱視も入っているのでどうにも合わず・・ 結局作ることにしたというわけ。

二段になっていて上の方では近場を見て、下の方で手元に置いた小さい字を読むんだそうだ。


あれ? あれ? 世界ってこんなにクッキリしてたの?(笑)  飯すらうまそーに見えるど。 (食い過ぎに注意な) 

今までいかに「アバウト」に生きていたかっちゅうことよね。 


ぶw 老眼だってよ、ろ・う・が・ん!


年取ったなぁ〜 


誰だったかな?近所のお友達かな?「でも親としたら子供が老眼になったなんてショックだろうねぇ」と誰かが言ったらもう一人が「老眼ならまだいいよ。そのうち白内障になったりして」って言ったの(笑)


こわいよう〜(笑) 


だけどさ。 白内障になるまで長生きできたなら早いうちに「がん」になんてなった我等にとってはオンノジよねっ    











posted by ナイトカオ at 14:16| 東京 ☁| Comment(1241) | TrackBack(0) | ひとりごとなの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月05日

ワシの歩く不思議ワールド

今、ワシの頭の中は不思議な感覚で一杯。 

不思議ワールド一丁目で道に迷う感じ?やや欠け月半月三日月満月 

先日、同窓会の通知が来たんだ。 びっくらこいたYO!  

だってここの住所はおろか(ついに)結婚したことも知らせていなかったんだもの。

でも冷静に考えてみたらクラスに一人だけ年賀状のやりとりをしている子がいたんだった。  通知をくれた子はその子に聞いたんだそう。 

誰と仲が良かったか覚えていてくれたんだ・・と思ったら嬉しくなっちゃったりして〜右斜め上

その日以来、心の中で(強調)セーラー服に着替え、くるぶしまでの白いソックスに24.5センチの黒い皮のスクールシューズを履いた少女に戻って、心の奥底にしまいこんでいた記憶でジグソーパズル・・ (はぁと)

(毎日必ず帰ってくるクッキーモンスター(キヨ犬)の顔を見てすぐさま現実に戻されてしまうのであるが・・)

ワシの通っていた高校は女子ONLY  一クラス30名程度(51名だそうで、幹事さんから訂正が入りました(笑))たと記憶しているけどアルバムが実家にあるので未確認・・

ワシは一番前の席だった。

隣の席の住人が変わった記憶はあるが、ワシの位置は変わらなかった。 もしかしたら常にあの位置キープ?(苦笑) 誰か覚えているかな。 今度聞いてみよう。
常に笑いを取ろうという努力だけは欠かしたことがなかったというコトだけが今ここで大きく発表できる記憶だ!(きっぱり) 

さて、セーラー服ピチピチ(パッツンパッツンとも言う)なワシがスクッと席を立ち、くるりと後ろを振り返ってクラスメートを見回している、ところを想像してみる・・・・・

苗字、ニックネーム・・・ うむむ〜 それが思い浮かんだとしてもその子が誰と仲良かったかとか何クラブだったとか何が得意だったかまで含めるとなると・・・ ううむ、急いで脳MRIを受けたい衝動に駆られる病院 (大丈夫か、記憶)

だから、ワシのことを覚えていてくれたことがただ嬉しかった。 わーい(嬉しい顔)

共学とはまた違った世界だったんだろうなーって思う。 
ま、共学さながらに男子(ダンゴじゃねーよ)と交流のあった人たちは別かも知れないけどね☆ 
ワシ、ろくに口をきいたこともなかった系(笑)  ←だと思った、とか言わない〜

楽しかったな。うん、とても楽しかった。 楽しかった時間を今までどうして忘れていたんだろう?
(思い出して何度も噛めば二度三度おいしいのに)



30数名のクラスメイトか・・ 
最初に思ったこと。
この中に乳がんフレンズがあと一人はいてもいい確率。
他のがんや、病気を含めたらもっともっとね。

こんなこと考えねーよなー普通。 (いやね、ワシったら)
前回の同窓会は何年前だっただろう・・  30前半?かな・・  
まさか自分がそれから10年して乳がんの告知を受けてアッチョンブリケになるなんて・・・想像だにしてなかったYO! 

あの頃は、ワシにとっては人生最悪(と当時は思っていた)の時期でね。 「こんな女に誰がした」って感じだったわけよ(笑) 自分でしたんだけどね(笑)  全然そんなこと気付いてないし、全部自分以外のせいだって信じてたけどねー ガハガハッ!

「迷い道くねくね」で「お先真っ暗」状態だった(だと信じて疑わなかった)当時のワシにとって同級生たちはバラ色に輝いて見えたんだよね。 ま、まぶしいっ!
一方で自分自身には灰色のスポットライトが会場のどこに移動してもついて来るように感じてさぁー。 
なんだよ!文句あっかー!照らすんじゃねえ!と口拭いたあとのオシボリでも投げる元気があればよかったんだけど、カラオケの選曲は中島みゆきの「うらみます」って感じ?∩(´∀`●)∩アハハハ♪(●´∀`)つ彡☆バンバン 

がん細胞って1センチの大きさになるまでに10年かかるって話じゃない? (そっからが早いわけだけどさ)  逆算してみるとワシのニクイがん細胞の最初の一個はあの頃出来たんかな〜って想像してみるわけね・・    逆に言うと「あの時はまだなかったのになー」ということでもあるけどね。
あの日あの時にナニカに気付いて、いろんな意味で方向転換ができていたらもしかしたら??みたい妄想してみるわけですよ。 で、もう一回中島みゆきの「うらみます」リクエスト入りましたっ!って感じぃ?w

思い返すと、ほんと、当時のワシは完璧に「幸せは誰かが運んでくれるもの」だと信じてたのよねー。 口開いて上向いてれば上から落ちてくるもんだと信じていたわけですよ。 丘さえ駆け上がれば丘の上の王子様が待っててくれてるはず的な?(笑)  少女まんがの読み過ぎナンダヨー。
口開けて上向いてたらヨダレ垂れるだけじゃんねー。 そんな女に誰が近づくかYO! ?∩(´∀`●)∩アハハハ♪(●´∀`)つ彡☆バンバン 

そんな夢見る夢子さんだったワシの頭の上に落ちて来るのは幸せとは程遠い「カラスのフン」だけ・・ なんでなんでなんでぇーーっ (それはおめーがヨダレ女だったから)ってぶつぶつ文句言っていた当時のワシ・・・  で、やっぱりもう一度「うらみます」リクエスト入りましたって感じねー、はい、今日これで3回目(笑)


この「うらみます」歌おうモードからは脱することができたかな? えらい時間はかかっちゃったけどね。 誰うらむんだよねぇ・・ 自分じゃんねぇ。 自分の幸せを決めるのは自分だけじゃんねぇ〜。

未だにカラスは頭上を飛ぶけど(今日なんか喧嘩してたわよ、頭上で!)今更だけど大人になった?ワシ?  

同窓会 楽しみだな。  あの子やあの子が今までどんなに頑張って来たか武勇伝を聞きたい。悲しい話、辛かった話も聞きたい。 どんなに勇敢に戦ったかを聞きたい。 同じ巣の中で一緒に育った彼女らの物語を知りたい。 

カラスと一緒に会いに行くからなっ! 
posted by ナイトカオ at 15:51| 東京 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | ひとりごとなの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。