2008年08月03日

時をかけるオヤジ

しばらく前に録画しておいた「時をかける少女」を観たド。

未来から来た少年が落とした携帯型タイムマシン(?)を入手し、時間を巻き戻しする術を持った少女が何かがうまくいかなくなったり、やり直したいと思った時にそれを使って過去に戻り、やり直しちゃうというストーリー。その携帯型タイムマシンは永遠に使えるわけではなくて、回数に限りがあることに気づかずにつまらないことで無駄に使い続け、本当にここぞという大事な時に使えずに焦る主人公!

色々と考えさせられたド。

戻りたい過去。誰にでもいくつかあるんじゃないかなと思う。 でももしも戻れたら・・ 今度はうまくできるのかいな?

そのせい?  昨夜の観た夢は若かりし頃、アメリカご遊学時の町並み。 もう何度も繰り返し観ている不思議な夢だ。

ワシは(贅沢にも)成人直前に半年ほどアメリカで生活させてもらったことがある。 (ありがたや、ありがたや) 英語学校に行ったのだけど、授業をきちんと受けて学んだというよりも、生活の中で学んだことの方がずっと大きかったと言う・・ 親に多少の申し訳なさを感じるご遊学だった(笑) 

でもね。やっぱ若さなのか、音感が多少良かったのか・・ 
当時言葉は覚えたなぁ・・おかげでそれから20年暮らして行けたんだから、結果オーライじゃんw

当時円は250円近かったから日本人の英語学校チームは少数で、しかも濃いキャラクターで埋め尽くされていた(笑) 

その夢の中でワシは今のワシ。そして住んでいた町を歩き回り、ひょんなことから仲良しになったメアリーアンという友だちのアパートを探している夢。
はっきりとわかっているその場所になかなかたどり着けないもどかしい夢。
そしてその夢の中では、実際と全然違う場所に鉄道の駅があって、そしてそこにはホテルもあって、ワシは何度もそこに泊まるのだ。
その夢を観る度に「あ、またここだ」と思い、起きる度に「地図が違う!」と自分の夢につっこむワシである・・。

どうも気になって地図を検索してみたが、やっぱりそんな場所に駅もなく、ホテルもない。あの町どこの町?? 

時をかけるオヤジ・・色々思いをめぐらせましたよ・・ 地図を見れば、写真を見れば、簡単に19の自分に戻れるというおのれの単純さが好きさ、好きさ、好きさ(笑) 

ヤングだったナイトカオ・・ 

今思えば本当に視野が狭いというか、なんと言うか・・  いや、振り返れば人生の大半の部分においてのワシの魂の癖みたいなものがあるなぁ・・と・・

「人間しか見えてない」

これですな。

とつくづく思う。
例えばね。旅行に行くでしょう? 家に帰って家族(特に5歳上の兄)に見せるわけ。 
そうすると必ずこう言われたんだよね・・

「なんだこれ? 人の顔ばっか!これじゃどこ行ったのか全然わからん!もったいないから家にいろ!」

そうなんざますよ・・  頭の中も人ばっかり・・ これじゃどこで何を食べたとか、どんなきれいな景色を見たとか、心を動かされたとか・・・ そうゆう記憶ナッシング・・

「旅行に行った!」というよりも「誰と誰と一緒に出かけた!」っていう思いの方が断然強く・・・

これじゃいかんなぁ・・ 文化レベル低すぎっ!人間の余裕がない!

そう反省して・・・・ 純粋に旅を楽しんでみようやっ! と思いたち、ある日「旅行は一人で行こう」と決めた。
でもね。 そうすると・・ 今度は旅先で出会いがあるんだよね・・ で、また人、そして人で埋め尽くされるワシの旅の思ひ出・・ 

それも旅の醍醐味だけど・・ねーーー
 
ひとつ入れるとひとつ外に出ちゃうちっちゃいワシのキャパシティ(爆)
特別な出会いがあると、行った場所のこと全部デリートしちゃう・・・(苦笑)  もったいね〜w

時をかけるオヤジは思うわけ・・ もしも時間を戻せるなら、あの町を、あの坂をもっとよくゆっくりと歩いてみたかった。 草や木や風をもっと覚えていたかったなあって・・ 


calif.gif







(おw 19歳のワシだ!隣は友だちの友だち。かなり他人w)


・・・と ここで話が変わるのだけどね・・


例の夢の中で探していたメアリーアン・・ 

「うわぁぁぁぁん! 乳がんになっちゃったよぉ〜」と告知後すぐに泣きのメールを入れると「友だちに乳がんサバイバーがいるんだけど、その子、地元で乳がん患者支援の会を主宰してるから相談に乗ってくれるはず。絶対連絡いれてね!」というメールが返って来た。

そう。約3年前の告知のあの日。 
まだ質問しようにも何にもわかんにゃい、ぺっぺけぺーな状態で

「そもそも何を聞いていいかがわっからない!!」

という大変正直な(笑)メールをしたら、「もしもわたしが近くにいれば今すぐ側に行って話をしてあげられるのに・・・ もしどうにもならない時があったらいつでもいいから電話入れてね。」との優しい返信が・・ (でも高いよ、電話代)
うれしかったなぁ・・ ほんとに・・

同時期にとある患者会にも問い合わせをしたけれど、入会金の振込用紙が送られて来ただけで・・
何をどう得られるかわからなくて入会しなかったワシ・・  無駄に孤独すぎた・・

術後しばらくしてから彼女の言った「近くにいれば今すぐ側に行って話をしてあげられるのに」という気持ちがそのまま自分の気持ちになった。 フレンズのみんなも同じ思いを持っている人多いと思う。

だけどそれを形にして本格的に地元のフレンズを手助けする活動をはじめた彼女。 すごいなぁ・・ 
感心しちゃうわ・・   ジーン

3年前HPを教えてもらった時にはそこは殆どからっぽだったの。 でもさっき夢のついでに思い出して、検索してみたら驚くほど充実していた! アーカイブを見てみると本格的に活動を始めたのは2006年。ワシが連絡した2005年秋は立ち上げの時期だったんだろうなぁ・・ 

でも彼女の言った「もしもわたしが側にいたら今すぐ側に行って・・」という気持ちがそのベースに輝いているのだろうなぁ・・ と思うと何かほんとに心が温かくなる。

Breast Cancer Resource Center in Santabarbara
(英語でつが)

色んな活動してるの。 
その中にね。 Buddy Program っていうプログラムがあるんだ (乳がんフレンズプログラム?w)

告知を受けたばかりの患者さんに対して、その人の病理や今までの生活状況などの共通点を持つ先輩サバイバーをマッチングして、その先輩サバイバーにその患者さんの手助けをしてもらう・・というプログラムなんですって! すごいなぁ。 いいなぁ、それ〜。 
ホヤホヤ患者の頃なんて、自分もそうだったけど、何が何やらわかんないじゃん? ブログを見ても、誰かと話をしても、似てるんだか、似てないんだか。同じか違うか。 これ言っていいんだか、悪いんだか・・
さっぱりと・・・
上から(?)観音様みたいにやんわりとした視線で見て、誰かがマッチングしてくれたらいいよなー。 よく考えたなぁー。 
いいよなぁ。あるといいよなぁ・・。


あとね。 Reiki をグループ学習しているみたいなんだ。
このHPにはレイキの説明として「チベット経典が起源」って書いてあったんだけど・・・ でもレイキって霊気じゃないのー?と思い、思わず検索・・ 
あー、やっぱりそう・・ Wikipediaには 日本発って書いているわ・・・

レイキって手かざし療法でしょう? これあるよね〜 あると思わない? チビキのあんよがイタイイタイになってから、毎日手でヨシヨシ、ナオレナオレしてるの。 
自分が乳がんと言われた時も必死で手かざししたものよ・・
要するに「痛いの痛いの飛んでけーー」でしょう?
いいわぁ、日本人!(笑)

遠いアメリカの空の下でもたくさんの乳がんフレンズが手かざししてるんだーと思うと・・ 思わず手もみしちゃうよ・・  なんか突然にこの手にパワーが宿って、大好きなフレンズをパパッと治しちゃえちゃったらいいのになぁ・・ なんてネ☆

20人に1人・・が日本。でもアメリカは8人に一人って言われてる乳がんの罹患率・・
どんだけ身近なんだ・・ ね。 女友達8人呼んでお茶したら、一人は乳がんってか?
そんな遠い海の向こうのアメリカでもこうやって患者同士で助け合って、頑張ってるんだなぁって思うとなんか心が温かくなるよね。

うまく言えないけどさぁ。
ニューな乳がんフレンズよ・・ そう、ユーよ、ユー!

何かできることはないかい? 
メールをくれてみないかい?

うまく道を作ることはできないだろうかね。 もっと上手に・・ 

ワシ的に思うのは・・ やっぱ、病院にあるといいよね。 その片道切符。 ニホンジンはシャイだもんなあ。 何かいい方法があるといいよね。
告知を受けた誰もが孤独になりようがないような(笑)通りやすい道が・・


*********

んで〜
話はぐるりと戻るんだけどさ・・ 今日のシメね、〆(笑)

時をかけるオヤジは思うんだな・・ 当たり前すぎることだけど・・
戻れないのが過去。やり直しができないのが人生・・


だから今を一生懸命エンジョイするべしっ!  なんかそんなことを一日考えてたカオちゃんですたw
posted by ナイトカオ at 12:49| 東京 🌁| 乳がんになってワシも考えた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。