2006年03月22日

ホルモン剤変更だって

待ちに待った主治医の外来日。病院
 
「薬を飲んでいたのに肝機能が改善したということは薬のせい

で肝機能が低下したとは考えられない。ゆえに薬を再開しても

問題ない」 
 
血液検査も必要ないって感じだったけど、そこをひとつナン

トカ・・と頼んで検査してもらった。
 
1時間待って、出た結果はASTとALTだけ。 3/7と似たよう

な数値だった。
 
肝心のγGTPとLAPは時間がかかるからすぐには出ないとのことで確

認はできなかったけど「大丈夫だよ。飲んじゃっていいよ」と主治医・・
 
おおよ、んじゃ、飲んじゃうよ。
 
    と、話はここで終わらなかった。
 
「実はね・・ 僕のミスでね・・ リュープリンとフェアストンの組み合わせ

で治療始めたんだけど、リュープリンは閉経前の注射でフェアストンが

閉経後の飲み薬だからそれらをペアでは使えないことになっちゃって。

これからはノルバデックスを飲んでもらうことになったんだ。 ごめんね。」
 
ええええええ? 「先生、私最初にそれ確認しましたよね?」 
 
(つい言ってしまう) 
 
「うん。ごめんね。」
 
いやー ごめんねって言われたら、ワシだって鬼じゃないんだ

からねえ・・たらーっ(汗)
 
「でも高い薬だから残ってる分は飲んじゃっていいよ。飲み終

わったらノルバデックスに変えればいいから」
 
ええええ?  

そんな、昨日の羊羹の残りみたいなことしていいわけ???

(言えなかった)

posted by ナイトカオ at 00:00| 東京 ☀| Comment(35) | TrackBack(0) | 放射線とホルモン治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月15日

おかしな肝機能

不思議な肝機能 
  
3/7の採血結果が郵送されてきた。 
  

何故か改善されている。 薬を飲むのを止めたのはその翌日か

らだったのに・・ (薬飲んでても肝臓が治った)  
  
          治療前(8/8) (2/9)  (3/7)
AST(GOT)      29       91        18
ALT(GPT)      27       137       12     
γ
GTP          31       248       67 
LAP         115        347      146 
  
なんでなんでドーシテなの? オセーテ、オセーテ (古い・・・ 汗) 
  
とは言え、まだまだγ
GTPもLAPも正常値範囲内ではない。  
  
予定通り、主治医の外来日を待とう。 病院 

posted by ナイトカオ at 00:00| 東京 ☀| Comment(67) | TrackBack(0) | 放射線とホルモン治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月07日

肝機能障害?!

女医先生病院のクリニックに採血結果を聞きに行った。 
  
もっと早く行けば良かった。モータースポーツ  
  
肝機能が正常値を大きくオーバーしている(汗)がく〜(落胆した顔)  
  
  
     
    治療前(8/8)   (2/9)
AST(GOT)      29         91    
ALT(GPT)      27         137     
γ
GTP         31        248      
LAP         115         347     
  
これって脂肪肝??? 薬剤性肝機能障害?? 
  
「これはまぁよくあることよぉー。 そんなに心配しないでぇ。 
  
でも〜3桁になっちゃってるから一応ホルモン剤は止めてみない?」 
  

とのことで、次の主治医の外来(3/22)までホルモン剤をストッ

プして代わりに肝臓を保護する薬を飲むことにした。 
  
「2週間薬飲まなくても大勢に影響ないから大丈夫よ〜」・・ 
  
肝臓の薬はプロヘパール。 茶羽ゴキブリみたい・・(汗)バッド(下向き矢印) 
  

再度採血して血液検査。「もしかしたら自然に治ってるかも知

れないし・・ 結果は郵送してあげるからそれ持って主治医の

先生に相談したら?」  (タスカリマス ソウシマス) 
  
肝臓は大事。 
  
だってお酒バー大好きなんだもん。(涙)  
  
でも命はもっと大事。手(チョキ)  
  

これで治療は一段落したと思ったのに。 

あとは忠実に薬を飲んで通院を続けたらいいんだと思った

のに・・ 一筋縄ではいかないもんだわ。

 
 
 
posted by ナイトカオ at 00:00| 東京 ☀| Comment(179) | TrackBack(0) | 放射線とホルモン治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月30日

放射線終了

 
「放射線治療は術後遅くとも6週間以内に開始することが望ましい」とか
 
「しこり生検やマンモトーム検査をすると癌細胞が飛び散るから検査後なるべく早く手術を
 
するべき」とか
 
「センチネルリンパは防波堤のような役目を担っているからそれを取ってしまうのは危険」
 
あの本や、この本や、そっちの本などをかじり読みしては・・
 
(あ、術後6週間以内に放射線はじめられなかった) 
 
(生検から6週間も経ってから手術した)
 
(センチネルリンパ取っちゃったぁー!)
 
困る、踊る、焦るexclamation×2手(グー)手(チョキ)手(パー)ダッシュ(走り出すさま)
 
そんなこんなで無駄(?)に不安をあおりながらも、ついに25日の放射線治療の通院が
 
終わった。
 
とにかく「だるい」眠い(睡眠)
 
9時過ぎに放射線科にたどりつき、治療後会計に並び、電車を2回乗り換えて会社へ・・
 
フレックスで10時出勤も認められている会社だけどその10時にすら間に合わない。
 
毎朝11時出勤だ。
 
病院通いをしていることを知らない人から嫌味を言われたこともあった。 部署も違えば
 
仕事上の接点もなく、何の迷惑もかけてないのにさ。
 
とにもかくにも、これでオシマイ。 治療の一段落がついたんだパンチ
 
毎日お世話になった技師さんたちに何度も何度もお礼を言う。 
 
これで最後と思うと、寂しい・・ (そんなことはない)
 
「大きな達成感」 これに似た気持ちが湧き出る。 
 
明日からは定時出勤できる。バス
 
嫌味男よ・・・  ショウブダ! むかっ(怒り)
 
 
 
posted by ナイトカオ at 00:00| 東京 ☀| Comment(36) | TrackBack(0) | 放射線とホルモン治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月22日

放射線友達

 
ナイトカオの通っている大学病院の放射線科は地下の秘密基地みたいな場所にある。
 
入り口に受付があり、かわいいおねえさんがいる。揺れるハート 
 
かわいいおねえさんに診察券を渡すと受付をいれてくれ、放射線だけなら自分で番号札を
 
取り、診察の予約が入っていれば診察用の番号の入ったメモを手渡される。
 
まず、更衣室へ・・   
 
更衣室には10程のフックがあり、マイ白衣(たまに青い)が名札のところにかけてあり、
 
1週間同じのを使うことになっている。 
 
リニアック室の前にベンチがいくつかあって、そこで名前を呼ばれるのをひたすら待つ。
 
私はリニアックの後、出勤していたので朝早く行くが、入院患者さんに勝てるはずもない。バッド(下向き矢印)
 
ある時は着替えたら技師さんがドアの前で待ち構えていることもあり、またある時は1時間
 
以上白衣でブルブル震えながら待つ。
 
他の場所の癌患者もいるようだけど、私の行く時間に順番を待っている人には乳がん患者
 
が多い。 何せ毎日会うので顔見知りになり、おしゃべりが楽しい。
 
あの人も乳がん、この人も乳がん、皆頑張ってる、皆で頑張ろう。
 
posted by ナイトカオ at 00:00| 東京 ☀| Comment(13) | TrackBack(0) | 放射線とホルモン治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月16日

頭が痛いよ

 
頭痛がするふらふら 
 
こんなこと珍しい。
 
頭痛なんてお酒を飲みすぎた翌朝にする例のヤツしか経験がないたらーっ(汗)
 
玄関に靴を履いたまま寝て、朝方足が攣って起きた朝とか・・
 
「おはようございまーす」と出勤した途端、同僚の顔が歪む「酒臭い」朝以外には・・わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)
 
転移? ねぇ、これ悪いサイン??  (← 常に頭にある) 
 
放射線の主治医に相談したが「放射線の影響ではない」とのこと。 「しばらく様子を見て
 
あまりひどくなるようなら検査しましょう」   ヒヤヒヤ・・・
 
頭痛はかれこれ2週間でおさまる。  
 
ナンだったんだろう?
 
 
posted by ナイトカオ at 00:00| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 放射線とホルモン治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月29日

マジックだらけの体

 
放射線の位置を決めるためのガイダンスの線をマジックでキコカコ身体に直接
 
描かれる。 ー(長音記号1)
 
赤だったり、青だったりするマジックはよくある油性マジックの匂いがする。 (多分そうだろう)
 
25回の治療が終わるまで消してはいけないといい聞かされ、お風呂も気にして入る。
 
長いなあ・・   25日。
 
 
最初は緊張してガチガチだった放射線だけど・・ 日に日に慣れて来て、技師さんたちと
 
お話ができる余裕が出てきた。
 
技師さんたち、ものすごーーーーく、優しい。 ぴかぴか(新しい)
 
台に乗って横になった時に、ちょうど頭を乗せる部分に頭が当たらなかったら
 
「今日のいて座は12位だった」とか・・   そんなオヤヂなギャグにつきあってくれた。
 
 
 
 
posted by ナイトカオ at 00:00| 東京 ☀| Comment(45) | TrackBack(0) | 放射線とホルモン治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月22日

検査入院

 
同じ病院に入院するというのに気分が全然違う(当り前だけど)。
 
今回は1泊だし、4人部屋ではなく、差額ベットの出ない部屋にしてもらった。
 
4人部屋が新館だったせいか、今回の部屋はなんだかものすごく古いように感じる。
 
トイレも洗面所もやたら遠い新幹線   (間に合うか?)
 
 
検査はたったの30分程度だった。 入院する理由は特になかった。
 
あるとしたら、放射線の先生が外来前に私たちの診察をできるということかな?
 
翌朝の7時にカーテンが開いた。  
 
「スットンキョンだ!」  (わるーい)
 
1泊した後、二日目に第一回目の照射を受けた。
 
ドキドキした。 
 
時間は数分。  本当に簡単だった。
posted by ナイトカオ at 00:00| 東京 ☀| Comment(17) | TrackBack(0) | 放射線とホルモン治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月16日

放射線の初診

 
違う・・ 何かが違う・・ 
 
放射線の先生と外科の主治医・・・ どうしてこうも違うのか・・
 
外科の主治医はあまりの混みようにイライラしているのはわかるけど、本当にメス持って
 
挑んで来そうな(笑)感じ。
 
一方で、この放射線の先生は何かこう「スットンキョン」な雰囲気。
 
ま、まんがに描きたい。ペン
 
似顔絵が好きな私には格好のモデルになりそうなタイプ。
 
「位置を決めるために1泊入院してください」
 
(えー、もう一度入院なんだ・・ やだなあ 思い出しちゃう) 
 
でも偶然、前回の入院で同室だったTちゃんと同じ日の入院になった。 良かった。
 
 
放射線が始まるまでに傷が治ってますように・・
 
 
 
posted by ナイトカオ at 00:00| 東京 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | 放射線とホルモン治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。