2010年12月26日

今度は胃腸炎かYO!

今年も余すところ数日・・

こんな時にナンダヨー(@_@)

思えば11月から体調は思わしくなかった・・  理由はわからないが、不具合が多く発生した。

メンタルも下がり、いじいじタイムも増えていたかも・・

めまいや結膜炎、首ボロボロ事件はすでに記録したわけだけど、まだ続きがあった。

結膜炎と前後して今度は歯が痛み、鏡の中を覗き込むとあちこち歯茎が持ち上がり腫れていた(@_@)

おいおい、年末に歯医者かYO!と思ったけどしょうがないから受診・・

顔見知りの先生に他に飲んでる薬を尋ねられ、最近の一連の不具合事情を報告すると・・

「プラークがないのに腫れていて二か所膿がでています。これは女性の場合、妊娠時(ないない)のホルモンの状態でなる場合もありますが、又は免疫が下がっていて通常よりも多い菌が体内にある状態にあるときに起こります」

うぇーん(ー_ー)!!

痛みがあった歯のかみ合わせを少し調整してもらったのち「菌を殺す薬と消炎剤を3日分処方しますからこれで様子みてみてください」

ふぁーい(@_@)

一度飲んだだけで歯の腫れが引いてきた・・ 

痛みもないしぃ〜ってことで寿司屋に繰り出した。

アホキヨ犬と喧嘩しつつもお寿司をいただき気分よく帰宅。

シャワーを浴び、髪を乾かすとチビキが遊ぼう攻撃!

布団の中に入り、かくれんぼをはじめる・・(バカ)

すると・・ 10時頃?  

「ん?なにこれ・・」 ゾクゾク〜雪雪雪 

背中を駆け上がって来るようなものすごい寒気・・  なんじゃこれ! 

熱を測ると38度越え!   ちょっと・・ やばい!

電気毛布を抱えて早寝。

妻が具合悪いと言っているのにいつまでもクリスマスに作ってあげたティラミスをネブネブ食べるバカ夫一名を横目にね!

ありがとう神様! 土曜の夜に38度! うふっ  明日休診でぇ〜す☆

日曜日は一日中38度以上・・   滅多に熱出さないワシ的には、かなーりぐったり・・

でも喉も痛くなければ、下痢もしてないし、咳もでない、頭痛もしない・・ 熱ONLY

朝ご飯も普通に食べられたし・・ でも夕方位からお腹がちょっと・・・ ゴロゴロ??

昼はプリンだけ・・ 夜も入らない・・  え?! こんなこと滅多にないよ?

月曜日は熱は37度台に低下。  でもちょっとでも食べると上腹部の痛みの後、ゴロゴローーーッ  以下自粛

あっちゃーーっ 胃腸炎かい(汗) 

お粥を更に番茶で薄めたやつを茶碗1杯食べるだけでキリキリと文句言う胃袋・・ 

普段なら一合以上食べないと足りねーぞと文句を言う癖に・・ どんだけ差があるんだYO!



2010年の後半は不調の連続だったなぁ。 これで最後にしておくれ〜(涙) 
posted by ナイトカオ at 15:26| 東京 ☀| フォローアップ通院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月22日

落ち込んで凹んでションボリ

ここのところ色んな症状が出ていたんだ。

まず最初にめまいが来て、次に手のしびれに気づいた。 一か月前かな。

めまいは大したことなかったようで(耳鼻科の先生の態度で)薬も飲みきらないうちに治って卒業が早かった。

次は手のしびれがセンチネルに関係しているかどうか確認してから受診しようかなと思って、乳腺外来の時に質問。 偶然一緒に専門の先生がいらっしゃったので診てもらって「今の段階で日常生活における注意を続ける以外に必要なことはない」旨のお見立てであったことと、両手に生じてる問題であればセンチネルは関係ないでしょうということで整形受診を決意する。

でも・・ 年末年始デショー。どうせ休みに入っちゃうしぃ〜 もしかしたらこのまま治っちゃうってことだってあるじゃん?と甘く考えるワシ・・

ところがシビレは悪化するばかり・・

今朝などかなーりジンジンだった。

ここ数日の自分の観察結果とネット検索の結果で手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)に症状びったり

上記サイトより引用

初めは人差し指、中指を中心に親指と薬指の親指側に、しびれと痛みが起こります。これらの症状は朝、目を覚ました時に強く、ひどい時は夜間睡眠中に痛みやしびれで目が覚めます。この時に手を振ったり、指の運動をすると楽になります。
 進行すると親指の付け根の母指球筋(ぼしきゅうきん)という筋肉がやせてきて、細かい作業が困難になります。とくに親指を他の指と向かい合う位置にもっていく対立運動ができなくなります。

合致しているところ「親指から中指までの起床時のしびれ」
試しに親指を他の指と向かい合う位置に持っていく対立運動というものを右手でやってみたところ・・・


で、で、で、できましぇん! (汗)

右手の親指と小指、親指と薬指が、顔をひん曲げて体をくねらさないとできません。いや、それでもできません(爆)

左手は簡単にできるのに・・

これだ・・・・  整形行かなくちゃっ!

でもワシ・・ 整形に関しちゃあ、爆弾抱えてることを自分でもうっすら覚えていた。

首の骨に変形があるのだ。

10代後半で寝違えてかかった整形では先生に「交通事故に遭ったでしょう?」と遭ってないけど遭ったことにされて身内の延長のような先生だったので「うんうん。パパに内緒なんでしょ?わかってるよ!」と納得され・・ (違うんですけど・・・)
会社の近くの整形で同じく寝違えてかかった時には「老化による変形です」と言われた20代前半のワタクシ・・

若かりし頃、バスケをやっていたし、走り高跳びを背面とびでやっていてしょっちゅう首が打ってたから本人はそのせいかしらん?と思ってたんだけど・・・ 事故なんて記憶にないしね。(ってか、あんま運転しねーし)

寝違えの症状がたまに出る程度で特にここ10年位は大きな問題は出てなかったんだけどね。

でも、聞かれたから言ったのよね。 20年前首が曲がってると言われましたって。

そんで、当然レントゲンを撮るわけ

ガラガラガラーと診察室に入ると何度か受診して顔見知りとなった先生がワシの顔を覗き込むようにして言ったの

「これ相当ひどいよ?」

「見てこのレントゲン。3番目まではきれいでしょう? 4番5番ってほら、骨がこんなにとげとげになっちゃってて神経に触っちゃってるよ。これじゃーしびれも出るでしょうに・・」

(えええええええ そっち?!)

「先生、わたしネットを見て自分の症状と照らし合わせて手根管症候群かと思って受診したんですけど、そっちじゃなかったんですね」

「うーん。薬指のこっち側とこっち側触って変わる?」  (さわさわ)  

「んー こっち側とあっち側とは思うけど、変わるかと言われたら変わらないです」

「じゃ違う。 だいたい両手一緒になることって少ないし、第一、首がこれじゃあ・・ (顔をシカメテ画像を見る) これだよ」

「でも先生、わたし親指と小指と薬指がつかないんですけど」とやってみせると

「そんな体くねらさないで普通にやってよ」

「だからその位大変なんですよー 顔がこんなになっちゃう位なんです それでもつかないんですー」(いいのか、こうゆう言い返し)

一応カルテには打ち込んでくれたみたいだけど、特にコメントなし。 とにかく首の牽引してしびれを取るビタミン剤を絶対飲んでくださいって、「絶対飲んでください」って「絶対飲んでください」って(頭の中をこだまする)・・・

手首にコルセット作ってもらって寝るときすれば治るんだーって思って受診したもんでとにかくびっくりしちゃって・・放心状態のワシ・・そのままリハビリに呼ばれる・・(汗)

またリハビリの先生にコテンパンですわ。

「そうとうボロボロみたいですね」

(ー_ー)!!

「こうなるまでには10年もの悪い生活習慣が関係してるはずなんです。これから牽引などをしていきますが、同時に悪い習慣を治して行きましょう。 10年で悪くしたのだから10年は良くなるまでにかかると考えてください」 (10年って・・)

首の牽引にはできれば毎日通ってほしい、と言われ・・

えーーーーー 毎日でつか?

5年経ったことを喜んで、さあ、これからだと。 これからの自分の身の振り方を(たとえば仕事をするとか、畑を耕すとか、何かを学ぶとか)これから考えようって思っていたので、「お仕事されてないんですね。じゃあ、毎日通えますね。」と明るく言われたことで変なスイッチ押されちゃったみたい。

泣きたくなっちゃった。  もう(通院はしなくて)いいのかと思ったのに、毎日来いって。 薬絶対飲めって。 相当ひどいって・・ 

ぼろぼろ泣きたくなっちゃった。

わーんわーん泣きたくなっちゃった。

この程度の事で泣きたくなった自分にがっかりしてさらに泣きたくなっちゃった。

買わなくちゃならないものがあったのに、それが売ってない店ばかりに自転車を止めて入ってる泣きたくなってるワシ。

用もないのに寄ったスーパーでチーズが1割引きだった。

普段ならウヒョーと喜ぶのに、今日は大して嬉しくなかった。

ウツのスイッチは長押し厳禁!  結膜炎が治ったはずなのに痒くなった。 涙がしみてんのかよ。

ええいっ!

ビデオ屋に入てコメディ漁る。

このまま落ちてはいけない。 いけないんだからね!

posted by ナイトカオ at 13:51| 東京 ☁| Comment(1092) | TrackBack(0) | フォローアップ通院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月19日

今度は結膜炎だってさ

朝のわんこの散歩友達に「目、赤いよ〜」と言われたのは一昨日の朝。

特に違和感もなかったから自分で鏡を見るわけでもなく(見ろよ)、朝ご飯の時にキヨ犬に「ねえ、目赤いって言われたけど赤い?」って聞いてみたけど(チラ見)して「寝不足の充血じゃね?」と興味ない度MAXで答えたのでそのままにしていた。

ちょっとだるかったから外来で疲れた(心配だったし)のかなーと思って、だらだら過ごし、夕方またチビキの散歩に行く前にトイレに入ってパンツ持ち上げて目の前にある鏡を見てあらビックリ!

左目まっかっか! 

「うげっ!こりゃひどい!」

とは言っても、散歩に行かないわけにもいかないし・・とりあえず、家にある目薬さして様子見るか・・ と、散歩へ

涙も出てないし、目やにも出てないし、乳腺外来の時に久しぶりに化粧したからマスカラでも目に入ってこすったりしたかな?って思ったし・・

でも翌朝目覚めると・・・目やにタップリ! うわっ こりゃだめだ〜  はやり目だったら大変じゃん!

朝いちで近所の眼科に行くと、患者さんで一杯! 土曜日だったからかな。

「どうしました?」「目が充血してしまって・・」「目やにはでますか?」「はい」

この会話だけで「ほかの患者さんと隔離させていただきます」と言われ、特等席へ(笑)

じろじろ見られたけど(笑)楽ちんだった! 

「トイレに行く場合も声をかけてください」って書いてあって「え!(ー_ー)!!」だったりもしたけど・・

結果・・・

「完璧に結膜炎になってます。右は今は大丈夫ですけど、おそらく移るでしょう。でもご家族には移さないようにタオルは別々のものを使ってください。」

うへっ やっぱりか・・  

「はやり目ですか?」

「違いますね〜」

「でも移るということはどこかでもらっちゃったってことですか?」

「いや、そうとも言えないです。菌はそこら中にいますから・・ 疲れていたり体調が悪かったりするとなっちゃうことがあるんですよ。」

はぁ〜 やっぱりね〜  体調悪かった、確かに・・ うんうん・・

結膜炎なんて初めてよ。

少なくとも大人になってからこんな目になって目医者さんになったのははじめて!

無理してたかな? してたんだな、きっと・・・

結膜炎は抗菌目薬とステロイド系の炎症を抑える目薬の二種類を処方され、4日程度で良くなるそう。 

良くならなかったらもう一度来てくださいとおっしゃる先生に

「何を持って良くなったと判断すればいいのでしょうか?」と尋ねるうるさい乳がん患者一名(爆)

「目やにがでなくなったら良くなってます」

「なーるほろ!」

きちんと点眼して早く治さないとね!

さてさて・・・   めまいの方だけど・・   良くなりました!

良性発作性頭位眩暈症かもしれないと思ったけれど、先生に聞いてみたら「違いますね」とのこと

何が違うかというと「回り方が違う」そう・・

良性発作性頭位眩暈症なら効果的と言われてるエプリー法っていう体操があるらしいんだけど「ナイトカオさんの場合は効果ないでしょう」と言われちゃったわ。

「じゃあ、予防する方法はないと言うことですかね?」

「はい・・そうですね」

いいような悪いような・・

病名としては何ですか?

「内耳性の眩暈ですね。 良性発作性頭位眩暈症も内耳性ですが、その中にもいろいろあって・・・」  (よくわからなかったけど、これ以上聞いてもしょうがない感じだったのでここで納得)

悲鳴をあげたくなるほどの高速回転だったのに、大したことない感じの言い方だったので、大したことないんだろう、きっと(爆)

しばらく続いていたオエオエももうしなくなってるし・・ 回転も感じないから、とりあえず治ったのかな?

あんなにひどい目に遭ったのに予防法がないなんてやな感じ〜だけど、「回り方が違う」から「効果がない」んじゃしょうがないか・・(爆)

うーん、もっといいアドバイスないのかな〜 なかったのかな〜  という結末でした・・ ハハハ

で、お次は子宮体がん検診で「内膜増殖症」で「要再検査」と言われた件・・

区の検診でね。 引っかかったの。 1ヶ月後に再検査と言われたからその通りに受けたのだけど、二回目は問題なしという結果。

でもおじいちゃん先生が「念のためしばらく3か月ごとに調べてみたらどうか?」と提案してくださったので11月末にもう一度受けに行ってきた。

おじいちゃん・・ おじいちゃん・・ おじいちゃんはね。 組織採るのとっても上手で丁寧で痛くなくてとってもいいの。

でも・・  どうして忘れちゃうの?(笑)

「おかしいねぇ。どうして再検査なんだろうねぇ・・・」   (あい? そ、それは先生が言ったんじゃ? 汗)

エコーをかけて先生が言ったの。「8センチだね。1年前は7センチだから少し大きくなったね。筋腫でも大きくなったのかな?」

「先生、1年前じゃないです。3か月前です。3か月で1センチ大きくなったというのは早くないですか?」

「そうだねぇ。そうゆうこともあるのかねぇ・・」 (え?! (ー_ー)!! そうゆう答え?)

痛くないけど、頼りない先生に「2週間後結果を自分で聞きに来てね!」と言われ、行ってまいりました。

結果「問題なし」でほっとしたけれど・・・ 

3か月で1センチ大きくなったってどうゆうこと?という疑問がやっぱり残っちゃうよね。

で、勇気をもって尋ねてみたところ・・ おじいちゃん先生言い直す。

「やっぱり7センチだった。大きくなってなかった。」  (えーーー ほんとなのーーー?)

ちょっと不安も残るけど、結果はOKだったからま、いっか?!

「次は半年後に調べてみようか・・」 (え? まだ駄目なの?)

うーむ。 どうなの、どうなわけ・・ 1年後じゃダメなのかしら・・    せめて7か月後位に行こうかな(笑)

痛くはないからストレスは少ないけど、物忘れはストレスよ〜 また「なんで再検査なんだろうね」って言わないでね〜(笑)

年内最後の宿題は乳腺の恩人、女医先生の受診。

結果を報告してお礼を言っておしまいなんだけどね。

このところの色々の症状も含めて報告して来ようって思ってます。

大学病院でのLDHは高めだったけど標準内だった。

これも報告しないとね!

さあ、これで1年が終わるよ。

結膜炎も治ってね(苦笑)

ケツマクマヤコン、ケツマクマヤコン、結膜炎なーおれ! (ふるっ)
posted by ナイトカオ at 13:52| 東京 ☁| Comment(1528) | TrackBack(0) | フォローアップ通院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月16日

5年検診クリアしました☆

昨日グワッシのところに結果を聞きに行って来た。

めまいに続いて手にしびれが出るようになって、おまけに掃除機が壊れてホウキで掃除していたら腱鞘炎はぶり返しそうになるし、わきの下は張るし、腰痛でアイタタタタ・・・

体調が悪かったせいもあると思うけど悪夢にもうなされた(涙) 

予約の枠は15時から16時。でも大抵は13時から14時に20人近く、14時から15時まで更に15人とか予約が入っていて、どんなに早く受付しても前の時間枠の人が優先なので早目に行っても枠内のみの競争になるので大差ないの。

それでもいつも30分位前に行っていたけれど、今年はぎりぎりに行ってみた。

以前は今何番目の人を診察してるかなんてわからなかったけど、やっと我が病院でもわかるようになったのだ〜

「うほっ!15時に来て、15−16時枠の1番の人を診てるっ ありえないっ!」

予約があっても3時間待ちは当たり前ですなどという愛想のない張り紙がしてある病院なのに(爆) 改善されたんかっ?! 

予約NO7の紙を握りしめて、チッコに行くワシ・・  相変わらずビビりである。

あとはほかの患者さんの様子をチラ見しながら「わたしの妄想劇場」をおっぱじめないように別の妄想をはじめる。

「あ、あれ親子かな。 こっちはご夫婦?」 (どうでもいいのにね) 

名前を呼ばれるまでの約1時間。 「今心配しても結果が変わるわけではない」と繰り返し自分に言い続けた。(←これ効果あるわぁ)

そう。 もう結果はわかってるんだろうし、悪い結果を伝える時のグワッシの気持ちって複雑だろうなぁ・・なんて、急にグワッシの気持ちまで考え始める。 かわいそうだな。 大変な仕事だよな。 よく頑張れるよな。 なんてことまで考えて・・

「ナイトカオさん、2番にお入りください」

小走りで部屋に向かうワシに集まる待合室の患者さんの目。 (入るときはこれって結構痛い)

ガラガラ〜と部屋に入ると・・

グワッシが満面の笑顔だった

大きな声で「良かったねぇ〜 大丈夫!問題なし!」  

「ほんとですかぁ? おめでとうございますってわたしが言っちゃいました、ハハハハ(動揺して何を言ってるかもはやわからず)」

普段からほんの少し長めな鼻の下をもう少し長めに伸ばしながら(爆)本当にうれしそうに笑顔でわたしの顔を見るグワッシを見て、さっきの妄想を思い出し「そうか〜 こうゆう嬉しいことがあるから頑張れるんだな〜」なんてオチまで考え続けるワシ・・ 

「なんかあるぅ〜?」

「目がぐるぐる回るから耳鼻科に行ったんですけど三半気管の異常とかで薬飲んで治りました。でもそのあとになって手がしびれるようになって気になっちゃって・・ 特に右手が強いんでセンチネルの影響かなとも・・」 

グワッシの目が光るっ! ギラッ☆  

何? これってありですか?に出てくる詐欺師の顔? (爆)

「イヤ〜 ちょーどいい! うんうん! (さっきよりずっと嬉しそうに)」 後ろにいらした別の先生もおやつを前にしたチビキのように嬉しそうに立ち上がり・・

「あのね!今リハビリの先生と一緒に診察してるんだけどぉ〜。 リンパ浮腫についての注意点やなんかをこの際だから聞いちゃいなよぉ〜。いやぁ。ちょうど良かった〜 (よほど今日はそうゆう話がなかったのかな)」

診察室を変えてリハビリの先生が言った。 「上を脱いでバスタオルをかけて座って待ってくださいね」

「はい!」 (あれ?どこまで脱ぐんだろ・・ いいや。全部脱いじゃえ)

「準備できました!」 入ってきた先生もしかしてちょっと引いた? (たぶん脱ぎすぎ)

腕の寸法を左右計ってから、硬さの診断。

ずれてくるバスタオルを何度もかけなおしてくれる先生。(乳腺外科の先生にはないよね、オパーイ見るの仕事だからw)

(あははー 脱ぎすぎですかねぇっていうべき?ねぇ、いうべき? と自問自答)

ワシのうったえ「右手を使い過ぎると腋の下がはばったくなる。注意して使わないようにしているとそれが治る。両手にしびれを感じることがあるが、特に右が強い。」

DRリハビリ「左右にある症状はセンチネルには無関係でしょう。右手について違和感を感じたら休ませるというやり方はとてもいいです。ぜひ続けてください。 現状ですが、言われる通り、右腕の付け根が若干左に比べて硬いかなという印象は受けます。 気になるなら予防の意味でサポーター(ストッキングって言ったかも)をする方法もありますが、まだそこまではいいかな・・。  ただ、注意は今まで通り続けてくださいね。  本当にひどくなるまで待って、さあひどくなった、受診しようっていうのはダメですよ! ひどくならないうちに受診してくださいね!」

ぶw おもしろいじゃん、この先生(笑) グワッシよりトークいいよ、センセ(笑)

「せんせー、ほかには注意点などありますかぁ?」 (トーク期待)

「土を素手で触らないようにするとか、普段から手荒れなどをしないようにクリームをぬるなどして右手を大事にするといいと思います。あとはどうしても利き腕で使い過ぎてしまいがちですが、ナイトカオさんのおっしゃられてるはばったいなどの本人の感覚はとても大事です。もう大丈夫と思わずに、自身の感覚を頼りに常に気を配ることが予防に繋がります。」

「はーい!」

出番が来て嬉しそうだったリハビリの先生(笑) いい先生だった! (バスタオルかけなおしてくれたし)

リハ先生と話していた時、隣のグワッシの部屋に通された方が10年クリアしたようで大喜びしていた。 グワッシも喜んでいたけど、患者さんも「先生のおかげです」を連呼してなかなかお礼が言い終わらない(笑) 

そこでもう一度「グワッシ嬉しい、グワッシ嬉しい」と思ってグワッシが嬉しいことを一緒に心の中で喜ぶワシ

「ありがとーございました!」とDRリハにご挨拶してガラガラっと隣の診察室を出るとまた待合室の患者さんたちが一斉に注目目

そりゃそうだよね。 だって一度診察室出たのにすぐに隣の部屋に呼ばれて入って行ったんだもんね。

「あの(大きな)人どうしたんだろう?」ってきっと思ったよね。 

でもどんな顔をしていいかわからず、目をシバシバさせながら、やっぱり行きと同じように小走りで去ったワシである。

何故か同世代があまりいないうちの病院の乳腺術後外来の待合ベンチ(うんとおねえさま多し)

皆さんもお元気で。 次の外来でも注目し合おうね! (笑)



..とここで告白。

三半気管と一度は説明したけれど、その話をしていた時に間違って中枢神経の異常って言っちゃったような記憶が甦り、身もだえしたワシ・・・
だから、そのちゅーすーしんけーってどこ?なに?(笑)
舞い上がってしまって自分でも何を言ってるかわからなくなってて(笑) 
耳鼻科でメニエールって言われたの?って聞かれて「違うみたい。病名ないみたい」とか答えてるし・・ ないんじゃなくてはっきり聞いてないから知らないんだろうがっ! (この件はまた別記事にしますわ) 

そうゆう自分の舞い上がりバカさ加減を思い出して笑ってばかりいる今日のワシです。



あれから5年経ったんだなぁ。

術後の5年間。 思うような人生を送ったかなぁ。

今年いっぱい、といってももう2週間だけど、これが年内の宿題。

よーく考えよう。

せっかくがんになったんだから。

せっかく5年経ったんだから。

せっかく検査クリアさせてもらったんだから。

そしてね。

感謝するのです。

たくさん「ありがとう」を言って、ありがとうで満ちるの。  ちゃんと反省してからだよ。

あ、 でもこれは今言わなきゃ。

フレンズのみんな。  今までありがとう。 今日もありがとう。 明日からもありがとう。

頑張るね。 頑張ろうね。
posted by ナイトカオ at 14:01| 東京 ☁| Comment(13) | TrackBack(0) | フォローアップ通院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月24日

失敗したり成功したりやっぱり失敗したり

今日ね。 女医先生の受診日だったの。

ヒアリング、エコー、結果説明、採血 のために1時間半待った。  予約ありでもここまで待たされるようになったのだなぁ〜

ワシが最初に迷い込んだ時には完全予約制ということで余裕ある体制だったんだけど、最近は売れっ子になってしまって予約の下に第二予約があり、その下にも第三予約がある今日この頃。  つまり、正規の予約の人は極力時間通り、第二の予約の人はその間に許される限りその日の具合でつっこむ、第三の予約の人はそのまた合間に入るタイミングでつっこむ。つまりえらく待ってもいいなら第三の予約でお願いする(最初から覚悟して)ということになっている。

今回の予約がどの予約だったか記憶にないが、5ヶ月前に予約したのだから第一予約だと思うのだけど、一体どーしたことかの待ち時間。

待合室には20代5人、30代5人、40代一名(俺だ!)って感じ。 

「あれーー いねーー おばちゃんーー」と小さくつぶやきながら、大きい身体を不自然に折り曲げてできる限り場所をとらないように努力を見せながら座るワシ・・

乳がん術後の患者さんはすぐわかる。  なぜならなんと自分がそうだから(みんな知ってるってば)

血液検査の後、止血テープとガーゼを回収してくれることと、結果を郵送するから切手代80円を請求されること。 次の予約が数ヵ月後になること。

滞在中、ワシを含めて4名いた。 

「がんばよ!」と熱く見るワシ・・

そんな中、今日はこんな出来事があったの。

30半ばの女性がすみません・・と受付に声をかける。

どうやら女医先生のクリニックから借りた画像を返しに来たようだった。

かいつまんで話すと、女性は手術を受けたばかり。 先生に一言お礼が言いたいと電話をしてみたが予約が一杯で忙しいといわれたのでお昼休みの時間にでも会えればと思って来たとのこと。
けれど受付の女性はワシの目にはちょっと冷たかった。
言い方はやわらかかったけれど「放射線は終わったんですか?」という質問。

(放射線終わらなきゃお礼言えないの?) おばちゃん、上目使いにやり取りを見守る・・

結局受付ガールは「大学病院の方から何も聞いてませんし、今日は午前の予約が終わったらそのまま休憩なしに午後に入る可能性が高いのでお待ちいただいても無理かと思います」と断った。

女性は「でも今日病院の受診日だったんですけど、あちらの先生は病院では年に1度の検査しかできないから不安なら先生のところに行ったらどうかって言われたんですけど」と食い下がっていたのに

「でもこちらは何も聞いていないので分りかねるのですが(つまり病理がってことかしら?)」



女性はがっかりした様子で帰って行った。

追いかけようか? ワシがどうやって先生にお礼を言ったか、どのように術後のフォローをお願いしているか話そうか? 

えらい心の中で葛藤があったけれど、肝っ玉が小さすぎて、アカラサマに立ち上がって彼女を追いかけるという動作ができなかった。(涙)

俺、ちいせー、人間ちいせー と自分を責めながら更に待つこと30分・・


ついに名前を呼ばれた。


エコーの結果はOK   例のLDHの件は、先生曰く、問題ないと思うわよー アイソザイムも見てるけど特に多くなってるところもないしー 溶血とかそうゆうのの影響だと思うわー  と嬉しい話。

採血が終わり、雑談しながら、ワシ、勇気出して言っちゃった。


だって我慢できなかったんだもん!!!!


「ねえ。せんせ。 (甘えた声で) さっきね。 術後間もないっていう患者さんが先生に一言お礼が言いたいって言って受付に来てたんですよ。 でも忙しくて時間が取れないっていって受付の人が帰しちゃったんだけど、もしも先生がその会話を聞いていたならそんな風に言わなかったんじゃないかって思って・・」

「あら・・ そうなの。 あとで確認してみるわね。」

「今日大学病院の外来を終えられて来てるみたいだったんです。ましてや手術のあとで最も不安な時期で・・  そういった場合のマニュアルとかあったほうがいいんじゃないかなって思うんです。」 (はい、余計な発言)

あ、やばい。余計なこと言っちゃった、でもしょーがねーや、言っちゃったんだし(笑) 開き直りまた続ける・・

「わたしはしばらく経ってから先生のところに来ましたけど、その時先生にそんなに不安だったならもっと早く来てくれたらよかったのにって言ってくださって。 それがものすごく嬉しくて安心したんです。 だからあの方にも安心して欲しいんです」

・・と言ったら泣きそうになったべ(爆)

先生「うんうん わかった。 聞いてみるね! ありがとうね!」


忙しいのでそれ以上の時間を取らせるわけにいかなかったのでお礼を言って診察室を出たけれど、受付ガールたちよ・・ 言いつけたのバレタ?  でもこれ大事なことよー。

病気になるのは身体だけじゃないんだよ。 心の方がずっとダメージ受けるもんなんだよ。 

患者は少しでも安心したいんだよ。

切ったら終わりじゃないんだよ。

まだまだ旅は続くんだよ。


先生ならちゃんとしてくれると思う。

きっと彼女も近いうちに先生にありがとうって言えると思う。

そしてこれからも先生に診てもらえると思う。  だって先生はワシの自慢の先生だもん!
posted by ナイトカオ at 22:42| 東京 ☁| Comment(1200) | TrackBack(0) | フォローアップ通院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月11日

ボクは泣いちっち、病院で泣いちっち

今日は今年最後の通院日だったの。

半年振りの放射線科のDRスットンキョーに一応自転車でぶつけてしこりになったことを伝えたら触診して、画像も見てもらった。

「うん。大丈夫だね。」

ちなみに朝8:40から午前中に来てくださいっていう予約だったんだけど・・9:00に受付して21番目!!受付で軽くメマイはしたけれど(笑)待合室には数人の患者さんしか座ってなくて・・ あれー?

リニアックだけの患者さんもナンバリングしてるのね、きっと・・ 待合室に座ってDSの電源入れる前に(笑)名前呼ばれたわ・・  はやっ

最近空いてるのよね。放射線・・ 3年前は座るイスがない位混んでいたのに・・ なんでだろう・・
乳腺外来はうなりをあげてる混み様なのに・・ ハテ・・
たまたまかな?

ところで、本日の記事タイトルの「ボクは泣いちっち・・」ですが・・

診察終ると待ち構えていたかのように看護師さんがやってきて「すみません。ちょっとお時間いただけませんか?」と・・

通された使われてない診察室には、例のメガネの方がっ!(詳しいことは術後3年の全身検査だピョンを参照くだされ) 婦長さんと二人で待ってました。

「婦長の○○と申します。この度は・・・・中略  今回はナイトカオさんに大変お辛い思いをさせてしまいまして、本当に反省しております。」

本当に荒々しい態度で尖りきっていたあのメガネの方がでかいアメリカ人に連れられてる宇宙人みたいに小さくなって何度も何度も頭を下げて「すみませんでした」と・・

「不安な気持ちで検査にきていらっしゃる患者様に対しての思いやりの心を忘れていました」

そう言われたところでついワシ・・ ポロポロと涙が・・・

なんで泣いたんだろうな。 自分でもわからんが・・  多分迷った末書いた投書に対してきちんと対応してもらえたということで嬉しかったのかなぁ? 
書いて良かったって思ったからかなぁ? 
被ばく被ばくとばい菌マンみたいに言われて心細く採血の椅子に座っていた自分を思い出して悲しかったのもあるかな。

周囲の人を被ばくさせてしまう・・というのはまったくの間違いであり、古くはそういった話は確かに言われていたことだけれど、今現在はそういった事実はないということで周知されているはずだったのに、未だに誤解が残っていた・・との事

「今回ナイトカオさんが投書してくださったおかげでそういった誤解がまだ現場に残っていたこともわかりましたし、又、本来は当然わかってなければいけなかったことですが、患者さんを思いやる気持ちというものがどれだけ我々にとって大事なものであるかを再認識させていただくことができました。」と言ってもらえました。

きちんとした謝罪だったと思います。

ワシは当のメガネの人に向かってお礼を言いました。 

「あなただとわかる形でクレームを入れましたが、辛かったでしょうけれどこうして謝罪に来てくださってありがとうございます。 わたしの言いたかったことが十分伝わり、反省してくださったことがよくわかりましたので、こちらの気持ちも済みました。」


めでたし、めでたしです。


さて最後にチビキの画像を・・
きっちゃないけど(笑)
こんなとこからこの記事を書いてまーすw

wagaya.jpg
posted by ナイトカオ at 13:47| 東京 ☀| Comment(16) | TrackBack(0) | フォローアップ通院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月19日

四年生になりました☆

本日グワッシ主治医の外来DAYでしたw

結果から言うと、3年検診の結果は「全然問題なし」でした! ほっとしたからねっ! ふんとにもー!

12:30に受付して、ランチ食べて、13:45頃から待合室でゲームボーイ。(少年か、ワシは)
名前を呼ばれたのは15:00過ぎ・・ ゲームの主人公はかなりレベルアップできたっちゅーの!

ガラガラ〜と戸を開けて、グワッシ主治医の顔色を見る。

すぐにニコッとして「問題ないよ。おめでとう。」と言ってくれてホントにうれしかった。  すぐに言ってくれるのって心遣いだよね。 

で、席について、もう一度先生が「問題なかったよ〜、ぜんぜんっ」と言ったのが「ざんねん」と聞こえたワシ・・

「え?残念?」 思わず口をついて出てしまった・・

さすがに怒られますた・・「ちょっとー 残念なんて言うわけないじゃないのよ〜 冗談じゃないよ〜」

「アハハハ 何が聞こえちゃったかと思って驚いちゃいました〜」 (と笑って誤魔化したけど、真剣に診てくれてる先生にやっぱ失礼よね、ヌホホ 反省反省」

画像をちょろちょろ見ながらの説明を受け、自転車コケコケ事件のしこりも若干ここかなー?程度の映りはあったけれど、「全然癌っぽくないから大丈夫」とのこと。

先生「でも胆石はあるねぇ。痛くなったりする?」 と聞かれ、

ワシ「ええ、さすがに暴飲暴食すると動きます。お盆で実家に帰って朝からトンカツ食べたらしばらく痛かったです。」

先生「・・・・・(返答に困る) ま、まぁ・・ 痛くないのならそのまま持ってる人もいるけど、痛みが出るようなら時期を見て手術することも考えたほうがいいかも知れないよ。 乳がんの手術よりずっと入院も短いし、元の生活に戻るのも早いしね。」

ワシ「はい。考えます。」

先生「画像すべてOK 血液検査の結果も全部基準値内 合格ですよ」

はぁ〜、この言葉をもらうためにゲームボーイで気を紛らわせながら待った数時間・・・ 正直待ってる間は辛かったわぁ。

「結果が出る前に心配しても意味がない。もったいない。」

何度も何度も頭の中に書いて、書いて、また書いて・・・  でも怖さがにじりよってきて・・・

今こうして家に帰り、記事を書いてみなさんに報告している自分が本当にうれしいよ。

あ、そうそう。 例の採血のめがねの困ったちゃんの話もしてきました。

「これこれああでこうで、こんなんでこーだったんですよー」と説明したところグアッシもいい加減頭に来ているというような感じで(笑)

先生「そんな事実はないし、心配しなくていいよ。 あの人たちはねぇ。何度も何度もこちらが説明しても理解できないんですよ。 病院に勤めてる癖に何にもわかってない。 ひどい目に遭っちゃったねえ。ごめんねぇ。」 と・・

ワシ「わたし、どうしたらいいですか? やっぱり投書ですか?」 

先生「うん。そうだね。書いちゃえ書いちゃえ、名前わかれば名指しで書いちゃえ」

ということで、書いて来ました。 はい。



「検査を受ける患者の不安な気持ちを思いやる心を持って欲しい」 

そう書いた。


これから検査のフレンズよ・・ お先に行って来たよ。 ヘタレも頑張った。 だから頑張ろうぞっ!






posted by ナイトカオ at 19:29| 東京 ☀| Comment(27) | TrackBack(0) | フォローアップ通院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月12日

術後3年の全身検査だピョン!

術後3年の全身検査DAYにいってきたよ!

今年の主治医のチョイスは・・

乳腺エコーとマンモ、胸部・腹部のCT(造影剤なし)、採血、そして骨シンチでした。

昨年まではCTは胸部だけで腹部はエコーだったのだけど気が変わったのかな。 エコーでぐいぐい押されると痛いからCTの方がずっと楽だけどね。

うちの病院ではエコーとCT、そして骨シンチだけは予約でやってくれるんだけど、採血とマンモは時間指定なしで当日受付して空いている時間に受けるってことになっているの。

で、決まっていたのは9:20のエコー、10:00の骨シンチの注射、そして13:00からのCT。

検査時間の30分前に受付してくれと書いてあるからその通りにエコーの受付を済ませ、それからはあっち行って、こっち行ってと言われるまま動くことになる・・ 

エコーはかなり念入りにかけてくれる。 「え どうかした?」と思う位、念入りに・・(怖)

8月末に自転車で転倒して怪我をしたこと。 他のクリニックを受診して打撲によるしこりだという診断を受けたことを伝えたけど、その場所は言われなくてもすぐに「これね」とズバリ当てられた(笑)
まだしっかりあるの・・ しこりになってしまった打撲のあとが・・
当然ながらまだ押すと痛い・・
エコーゴリゴリで足がもじもじする・・ 膝をこすり合わせて我慢したくなるような痛み・・
ひぃーん・・

遅くなっちゃったのでエコーが終るとカルテを入れ物にいれて鍵かけて「はい、これ持って、早くアイソトープに急いで!」と言われ、おっとっとと前のめりになりつつ放射線科にGO!

受付で「すみません。このあと採血もあるんですけど、先にアイソトープの注射して大丈夫ですか?」と聞いてみると「はい。大丈夫です。どうぞ奥へ」と。

注射される直前にも「採血はこの注射のあとでもいいんですよね?」と聞いてみるが「ええ、何の影響もありませんよ。大丈夫ですから。」って・・

それなのに、それなのに・・

採血センターで酷い目に遭ったよ〜

採血は日にちだけ主治医からオーダーが入っていて、受付で診察券をボックスにいれておくと、あとで名前を呼ばれて整理番号の紙を渡されるの。 で、順番がきたら採血って感じなんだけど・・

整理番号を渡されるときのこと・・

メガネのおばちゃん 「(ワシの腕の注射の絆創膏を見て)ちょっとあなた、それアイソトープ?」

ワシ 「はい」

メガネのおばちゃん 「ええええ(迷惑そうに) 今日はもうしょうがないけど、今度から先に採血してください。」

ワシ 「え? あちらで何度も確認したんですが、採血はあとでもいいといわれたんですけど」

メガネのおばちゃん 「だからぁ。あっちはそう言うに決まってるじゃないの。 (すごく馬鹿にした風に) あなたの検査の結果には影響はないわよ。 だけど周りが被ばくしちゃうでしょう? だから困るのよ。」

ワシ 「えええええ そうなんですか?」

と、言うと周りにいたほかの患者さんがみんな見ていた。 

整理番号を手に、イスに座って順番を待つ間・・ その意味をぐるぐる考えていた。 

(被ばく? ワシ、被ばくしたの? 周りの人も被ばくさせちゃうの? これからカラオケ行こうと思ってたのに、いけないの?ってか、家に帰ったらキヨ犬とかチビキ犬とかが被ばくするの?)

10分ほどで採血の順番になり・・ 「はい、腕を出してください」と言われ、困った。
だって、右は針刺さないでって言われてるでしょう? だから左に骨シンチの注射をして・・ まだ絆創膏がついてる・・  それ触ると被ばくするんでしょう? また怒られる? って

で・・・ 「かくかくじかじかで・・ さっきこう言われたんですけど・・・」って言ったの。

そしたらその人目を見開いて「ええええええ 一体誰がそんなことを!」って

あの受付のメガネの人です

と言うと、顔を下に向け、小さく・・・ ええ、本当に小さく 「ぁぁ」と・・ (そうゆう人なのね、きっと)

「そんなこと全然ないし、先に注射されても何の影響もありませんから心配しないでね。 忘れてください。」   だそうです・・

ちなみにワシの隣の席は採血する側が困っていた。 そしてその隣に座っていた人も・・

「針が怖い」と訴える患者さんに丁寧に応対していた隣の席。 そしてその隣は長い間その席を動かず、何やらクレームしていた。恐らく痛かったとか、まだ痛いとか、そんな感じだと思う。
ドクターが呼ばれ、丁寧に「血管が破れれば周囲が青くなるんですけど、わたしが診たところその様子はないし、特に問題はありませんので、どうぞ診察のほうに移動してください。」と繰り返していたのに、どうゆう理由かわからないけど、席を立たないで粘っていた。

困った患者さんも多いだろうな。これだけの人数いるんだから・・・ でもスタッフの数も同じようにたくさん・・ つまり、困ったスタッフもいるんだよね。 同僚が「ぁぁ」と言うしかない人が・・

ワシが不運にもその地雷を踏んでしまったダケ・・  

チクショー!!! 歌ってやるぅ〜!!
(↑アンタにできるのその程度w)


karaoke2008.jpg



  




骨シンチ撮影の待ち時間カラオケ、今年で3回目〜(笑)

一年目のカラオケ、二年目のカラオケ・・  思い出しながら・・ 絶叫♪♪♪

あ〜あ〜 果てしない〜 夢を追い続けぇ〜えええ!! (怒)

余談ですが・・ この「大都会」で有名なクリスタルキングの田中雅之さん、草野球中の喉にボールが当たったか何かの事故で、あの素晴らしい高音ボイスを失ってしまったと以前何かで読んだことが・・
ここを見てみたら「事故の代償として得たハスキーボイスを売りに」活動されているとか・・
「以前の声を失ったことによる苦しみは約3年間続いたという」
そりゃそうよ〜。
でも今は立ち直って逆にハスキーボイスで歌を続けてるのね・・  素晴らしい!
大きな試練を乗り越えて、ますます歌心に磨きがかかっているんだろうな。 
オフィシャルサイトもありますね。
BBSにご本人の書き込みも発見。 その中のあるフレーズが今のワシの胸に(マンモで痛い?)グッと来ました。


で、長くなったけど、元の話に戻って〆ますわw

メガネのあの方・・ 知らないんでしょう。 術後検診に患者たちがどんな気持ちで受けに来るのか。
知らないんでしょう。 あんな言い方をされてワシがどんな風に感じるか。

でもあんな調子じゃ、誰からも教えてもらえないんだろうなあ・・

投書したらマネージメントは何かアプローチしてくれるんだろうか・・でも仮にそんな話が出ても、自分のことではないと思うんじゃないかと・・  

「自分も気をつけよう!」

結論はこれですね^^

posted by ナイトカオ at 14:59| 東京 ☁| Comment(24) | TrackBack(0) | フォローアップ通院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月29日

2年目検査クリアしました♪

右匂いよーし、左匂いよーし、

指差し点検をして無事座席確保・・

本日匂いなし、幸先いいど!

待ち時間は2時間ちょい・・ まぁ、短い方でしょう(苦笑)

「ナイトカオさん、よかったね。 全部大丈夫だったよ!」

笑顔でDRグアッシが言ってくれた

やったーーーーー!!!

今年に入ってから尾骶骨の痛みが強くなって床に座れなく

なったし、最近(寒いせいか)胸の痛みが強くなってきていたので

本当に不安だったの・・

待っている間、何度も心臓が別行動を取って、ドキドキ大変だった・・

本当にほっとしたよ

「何かありますか?」と聞くDRグアッシに「はっ」と我に返って

「あ、今度こそ糸が出たので診てください」とワシ・・

なんで「今度こそ」と言ったかと言うと、前回、触診させようと思って

ちょっとザラっとした程度で「糸が出た」と言って触診してもらった

前科があったから(笑)

でもほんと今回は黒い糸がぼっつり出て来ててDRグアッシも

「あれえーー ほんとだー」と言ってきれいにしてくれました

糸ひっぱって、切って、消毒して、バンドエイドべたっ

傷口がツルツルになりました!

でも今回はバンドエイドを貼ってくれた看護婦さんが起してくれた

ので、DRグアッシのグアッシが聞けなかったYO! (ちょっと不満?)

nigaoe2.gif






Powerd by 似顔絵イラストメーカー


そんなわけでお祝いに焼き鳥屋で一杯やってきますたw

hirezake.jpg飲みかけで撮ったから

汚いけど(笑)

冬の恋人ヒレ酒ですw





そして昨夜はぐっすり眠れました

久しぶりに・・



みんなありがとう揺れるハート 神様ありがとう揺れるハート
posted by ナイトカオ at 12:35| 東京 ☁| Comment(72) | TrackBack(0) | フォローアップ通院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月26日

暇という名の多忙

nigaoe.gifPowerd by 似顔絵イラストメーカー

これ似てない?? 自分でウケテしまった・・

無料で簡単に作成できるからやってみw  

さてさて、またもやご無沙汰しますたw

先週はキヨ犬の誕生日もあり(義母・義妹を招いたりね)ドタバタ・・

おまけに「楽しい全身検査のススメ、その2」があったのでしたw

その時の模様・・・

行きの電車で・・・

奇跡のように席が空き、ありがたくボスッと座ると・・ 右側に座る

若者Aからは強烈なアルコールの匂いが! 

「こ、こいつさっきまで飲んでたなっ」 というフレッシュなカホリ・・

「うっ」と意識を左側に向けるとそこには!!

ナフタリンのカタマリのようなおじさまがぁっ!!!!

「なんと!迷惑なヒトビトよっ!」と一瞬考えるも・・ 

人を責める前に振り返ろうよ、ナイトカオ・・

どうひいき目に見ても、右の若者よりも、左の老人よりも3割増しで

席を占領している幅広のワシ・・・

人のことは言えない・・ 迷惑なデブは鼻をタタンデ我慢我慢・・

しかも前回のドッキリ事件(笑)で反省したにもかかわらず、

スッピン魔人でパジャマにもなりそうな服で電車に乗ったワシ・・

心の中でそっと謝ろう、あの日の自分に・・



さて、検査は朝1、そして病院に到着したのは15分前・・ 

受付のシャッターすら閉まっていた・・・ 決まった!今日も

遅刻しなかった!と喜ぶも束の間、なんと検査の紙と造影剤使用の

同意書を家に置いて来てしまった!ヽ(ヽ゚ロ゚)ヒイィィィ!!!

ど、ど、ど、どうしよう・・  検査受けられないじゃん

だって同意書には宿敵主治医(笑)の直筆サインがあったじゃないかっ

この頭を何度下げれば快くもう一度書類をくれるだろうか・・

この頭を何度下げれば、下げれば、さげれば・・・ 

(↑こうゆう考え方って一度染み付いたら取れないのねー)

仕事を辞めて1年半・・ 自分の社会的経験値が日に日に下がって

行くのを感じる今日この頃・・

ズンズンとシャッターに近づき、開いたら速攻でどうしたらいいか聞くぞ

と構えるワタクシ・・・

ガラガラガラガラ〜      そ、それーーーーーーっ

「カクカクジカジカであれでそれでどーしよう?」

「あはぁーん、診察券だけ入れといてくださぁーい(はぁと)」

やたら声が鼻にかかった検査受付センターに働く人がそう言った・・

なんだ、そうか・・

ここは病院・・ そうゆう人(うっかりさん?)が多いらすぃ・・

考えてみればパスポートを忘れて海外に行こうというわけではないのだから

さほどあわてることはなかったのだ、あっはぁーん

こうして15分弱のワシの妄想劇場は無事にハッピーエンドで終わったの

でした! ジャンジャン♪

お脳のCTはお着替えもなく、超簡単♪

でも・・ 頭を動かさないでください・・と言われると痒くなる顔である・・

こんな時こそ美容師さんのように「お痒いところございませんかぁー」

と聞いて欲しい! 

左です! 左の鼻の横、頬骨の下辺りに髪の毛が刺さって痒いのれす!

神様お願い。くしゃみが出ませんように! 出るならおならにしてください!

と自分で言って自分で軽くウケル・・・

そして苦手な造影剤・・

「体が熱くなりますよー」と言う看護婦さんの声・・

「もう十分熱くて汗かいてますけどねっ」と言いたいけど言えなかった

軽い敗北感・・・

うぬぬぬぬ・・ 前回告知前MRIを撮った時、頭痛と吐き気がしたワシ・・

ナゼか思い出すアルコール男とナフタリン老人・・

うぬぬぬぬぬ、うぬぬぬぬぬぬ・・・・

帰りの電車は立って行った

隣の人の匂いいらねっ(っ`Д´)っ・:∴

こうして「楽しい全身検査のススメ、その2」(今回は楽しくはなかった)

が終わったのであった

結果は明後日の外来・・

ぐあっし主治医との対決だっ

内心ガクガクブルブル((((;゚;Д;゚;))))カタカタカタカタカタカタカタカタカタ



でもこの坂を越えたなら・・・





ワシ、がんばるっ
posted by ナイトカオ at 16:22| 東京 ☀| Comment(34) | TrackBack(0) | フォローアップ通院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月12日

楽しい全身検査のススメw

本日、2年目の全身検査その1の日ですたw

(1)朝8時50分から肺のCT (造影剤ナシ)

楽勝

(2)9時20分から胸のエコー 

痛い! 特にセンチネルの傷の辺りを念入りにかけられ、

顔が痛みでゆがんだ(ええ、そのせいです)

(3) 10時に骨シンチの注射

これも楽勝

「14時にお戻りください」と大きく書かれた紙をもらう 
(4時間待ちかYO!)

(4) 覚悟を決め、マンモの受付に行き・・

番号札を取り、諦め顔で順番を待つ

上から下に挟んで1枚、斜めに挟んでもう1枚、左右合計4枚

いや、ほんとうに痛かった(涙) 赤く痣になったよ・・

(5) 採血

これで1set終わり・・

次は再来週頭のCT(造影剤あり) 

これは志願していれてもらった。 念のためということで・・

さてさて・・

お約束のひとりカラオケ・・ 行って来た・・  けど、でも! 

途中寄った某デパートで昔大ファンだったプロレスラー(笑うがいい)

が取材中・・・

いや、びっくりしたよ!

何とか写真を撮ろうとうろついていたら・・ ADさんに声をかけられ

「すいません。 ちょっと撮影に協力してもらえませんか?」と・・

どわわわわわわわ!

普通の客を装い、たこ焼きを頼んで、普通に食べてくださいとのこと。

言われた通りにするワシ・・・

だが、カメラが近づくとアガルっちゅーの!!!!

焼きたてのたこ焼きをひとつ口の中にぽいと放り込んでしまった!

あつい!

口の中もろヤケドしたよ! のたうちまわるほどの痛みに耐えながら

さらにひとつ・・

どんな風においしいか言えと言う・・

口の中の皮が破れてるのに? (苦笑)

ここ数年かまわないワシだが、今日は特にスッピンで(えっと、顔洗ったっけ?)

髪もぼさぼさ、パジャマのような普段着で、しかもホットフラッシュで顔が真っ赤・・

「今日はこちらへはどんな用事で来られたんですか?」と聞かれ・・

「乳がんの手術を2年前にしまして、今日は全身検査なんです。 

その待ち時間を利用してこれからひとりでカラオケするんで、その前

に腹ごしらえです」

言うわけねーだろ! 

「買い物です。おほほほほ」 などなど

なんとか受け答えをして、カメラはその店を去る・・

ワシはその某元プロレスラーを呼び止めると「昔大ファンだったんですー」と

握手を求めた・・ 

はっ 気づくとワシ両手で握っていた・・(ぶw)

ちっくしょー 20代で会いたかったよー・・  (大勢に影響はない?)

いや、せめてお化粧して、こぎれいな格好してればよかったーーー!!

えぐえぐ・・ えぐえぐ・・・

激しく反省したよ!

その後、予定通りにカラオケ行ったけど、興奮して歌どころではなかったw

懐メロを何曲か歌って絶叫・・!!

さらに汗をかき、相当怪しさを増してアイソトープ室へ・・

神様どうか、骨シンチに興奮が映ってませんように・・・・・・




ところで2年のお祝い・・ 家ではどうしたかって言うと・・

朝「いってらっしゃい。何度も言うけど、今日は術後2年のお祝いだから」

と言ったのに、帰ったらすでに忘れていたキヨ犬はここ2日ばかり

ワシのネチネチ攻撃を受けて、シナシナになっていた(はず)

今日おずおずと差し出したプレゼント・・・

そ、それは! ワシの大好きな大好きな、さらに大好きな獺祭!!

しょうがない! それで許してやるかぁ・・ 

このお酒・・ 哀愁のサラリーマン時代(笑)通っていた山口県のお酒

なんじゃが(なぜなまる?)現地では見たことなかった。

東京で知った山口の酒・・  

どこかで見かけたらお試しあれ♪ 
posted by ナイトカオ at 21:05| 東京 ☁| Comment(57) | TrackBack(0) | フォローアップ通院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月11日

婦人科行って来たド! 

昨年の11月末、術後1年にして初挑戦した子宮体がん検査・・・

「おやすみ中だから・・ 取れないわ・・」と何度もトライした挙句

先生がギブアップ・・ 

ホルモン治療で生理がなくなり、我家にはナプキンというものがない

というのに、出血が2−3日止まらなかった・・ (少量だけど)

次は1年後・・にまでならないうちに行こう行こうと思いつつ・・結局

今になってしまった

行ってきましたよ、とうとう!

前回のトラウマで緊張しちゃうと困ると思ったので、今回は別の

クリニックに行ってみたよw

結果・・・・・・ 一発で手早く採取できた!  安心したよ!

検査結果は2週間後だけどねん・・

更年期のこと、この先生にもちょっと聞いてみた

ワシ「ケイシブクリョウガンを飲んでかなり良くなったんですが、時間が経つに

つれ、効きが悪くなってきているようで、それに加えて飲んで効果がありそうな

漢方はありませんか?」

先生「婦人科としてはホルモン治療中の更年期のお薬といったら、今飲んでる

ケイシブクリョウガンは王道なのね・・ そのほかの漢方といったら、やっぱり

漢方の専門医の先生に相談してもらうしかないわね。婦人科でわたしたちが

使ってる薬は使えないから・・」

知ってました、せんせー! 念のため聞いてみたのです! はい!

先生「そうなのー・・ いつ手術したの? 大変な思いをしちゃったわねえ・・」

その言い方が・・・ ほんとに親身になってくれてるというか、なんかジーンと

来ちゃった・・

すごく混んでたのに「気にしなくていいのよ」と言って、じっくり話を聞いて

くれたんだ・・  よかったー、この先生のところに来てって思った!

前の婦人科の先生も女医さんでサバサバしていい先生だったけど、なんだか

言われたくないことをズバリ言われそうな雰囲気で怖かったんだよね・・

お医者さんってやっぱり「相性」って大事だなーと再確認したw


ノルバデックスの副作用

リュープリンの副作用


今更だけど検索してみた

ほんとに色んな副作用が報告されているんだなあ・・ 

続けられない患者さんもいる位だものね・・

女性ホルモンおそるべしー!



毎日暑いよねー! 最後に今日は見栄えはあんまりよくないけど

こんな季節にびったんこかんかんなフィリピン料理を紹介するよw

adobo.JPG

← チキンアドボ というのさー







ジャパニーズなワシ的には「鶏肉のさっぱり煮」??

チキンだけでなく、豚肉いれてもいいんだけどねw  やっぱり骨から

出るエキスがポイントになるから、骨付きの鶏肉は必ず入れるといいねw

へぇへぇ、手羽でよござんすよ!

レシピは簡単に・・・

1 にんにくをみじん切りにする (好みだけど結構たくさんいれるとうまい)

2 にんにくを炒めて、鶏肉(豚のブロックもいいよ)を投入

3 表面の色が変わる位まで炒めてから調味料投入

  醤油とお酢を同量、ローリエ2米、黒こしょう少々

4 気が済むまで煮る(笑)

焦げちゃうので途中で水をちょっと足したりしてせめて15−20分は煮た

ほうがいいかな?

この後、ゆで卵をぽーんと入れて冷ますとうまうまな味卵が出来るよ

温め直してご飯にかけてメシアガレーw

ワシ的には、残ったのを冷蔵庫に入れて、翌朝デロデロなゼラチンになった

ところをアツイご飯にでろんとかけてずるずる食べるのが好きw




posted by ナイトカオ at 10:48| 東京 ☀| Comment(57) | TrackBack(0) | フォローアップ通院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月10日

まもなく2年

もうこうなってくると早いのだか遅いのだかわからない

2年前の今頃、胸の違和感に気づき始めた

触っては見たがすぐにはしこりに手が到達しなかった

ワシの丸いヤツは右胸の内側上部、そして少し奥に

まんまと隠れていやがった

「悪いものである確率は50/50よ」と最初に疑ってくれた

女医先生の診察を受けに行ってきた

予約の時間を間違えて1時間も早くね(馬鹿)

血液検査の結果は後日郵送。

エコーしたところ問題ナッシング(!)

気になる尾てい骨の痛みのことを相談してみたけれど、

心配することはないと言ってくれた(整形にはかかっているしね)

女医先生に会うとものすごく安心するw

先生も古い友達が遊びに来たような顔で迎えてくれる

「元気そうでよかった」と言ってくれる

(おい、主治医よ、少し見習えYO!)

次も、その次も、先生の嬉しそうな顔を見るぞ!!!


lunch.JPGいんげんと赤ピーマンの

炒飯をランチに・・・

エスニック風味だよんw





最近野菜ばかり食べている

でも体重は変わらない(なして?)

chirimen.JPGこうゆうおいしいものがあるから

ご飯を食べちゃうんだよね・・・

これはね。 実山椒が手に入った

からしらすと一緒に煮てなんちゃって

ちりめん山椒を作ってみたの

いやー、ご飯うますぎ・・・  あんた食いすぎ(馬鹿)



syuukaku.JPG
これはね。 プランター栽培で作った

トマトとしし唐だよw

収穫の喜びを知り始めたワシである

劇的には変わらないワシの食生活だけど

それなりに気持ちよく、健康生活を目指すよw

野菜LOVE, 米もLOVE

更に米からできてるアルコールLOVE  いぇいw
posted by ナイトカオ at 16:18| 東京 🌁| Comment(58) | TrackBack(0) | フォローアップ通院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月24日

主治医よ、おひさしぶりねw


ちこちこちゃん迎撃オフ会のお知らせ♪ 

6月9日都内でオフ会ありますw この記事見てねw 


 


リューブリン3ヶ月製剤の人となって以来、主治医に会うのも
 
3ヶ月に1度となったワシ・・
 
病院に行ってびっくらこいた・・  な、なんと・・
 
sutaba 
 
喫煙場だったところにスタバが出来てたYO!


13:30−14:30の枠で予約の入っているワシだが・・
 
12:45頃受付した
 
べーーーっと吐き出される受付票には「7」の番号が・・
 
この6人の方に問いたい・・ イッタイ何時に来たの?w
 
素直に負けを認め、順番を待つも・・ 毎度のことながら
 
待った待った・・
 
名前を呼ばれたのは16時・・・      どんだけーーー!

 


 
診察室に入ってワシがまずすることはというと・・
 
「今日は3つあります」
 
用件の数をまず通達しておくのであるw
 
それ以下にはまかりませんよ。 これが終わるまで居座るよという
 
先制攻撃ですな・・ ふっ

 
そして常に会話をリードする・・  これがワシとワシの主治医の間では
 
一番効率のいい方法のようだw
 
最初はうまく話せなくていちいち相手の暴言(笑)を引き出す
 
ような言い方をしてしまって、負け試合ばかりだったけど・・
 
なるべく簡潔に、あの(気の短い)主治医が受け入れやすいように
 
既に何度もお風呂やトイレ、台所でもシュミレーションしたさw
 
他の患者さんが待っているから早く切り上げなきゃ・・
 
でも、ワシも十分に待ったよねw 
 
やっと座れた行列のできるラーメン屋なら汁まできちんと飲ませ
 
てもらいたいよねw
 
 


 
「まずひとつめから行きますね」 そうワシが言うと、主治医が

 

( ̄ー ̄)ニヤリッ  と笑ったw
 


1) 傷から少し糸が出てきたので診てください
 
糸はたいしたことなかったが、こう言って触診してもらおうと思ったのだw
 
ここで驚くべき事件があったよ・・・・!
 
触診の後ね。 険悪だったときはしてくれなかったんだけど、ちょっと
 
仲直りしてからは起き上がるの手助けしてくれるようになったのねw
 
(デブだから?)
 
ワシの広い背中に手を当てた主治医・・・ そしてその時・・・ 

 

主治医の口から「グアッシ」という掛け声が・・・ @@;
 


え?  エエエエェェェェヽ(○Д○)ノェェェェエエエエ


梅図かずお???  まことちゃん?  え? え? 
 
笑うタイミングもつっこみを入れるタイミングも見事に逸した

 
ワシは、少し青くなりながら急いで脱いで丸まったスポーツ
 

ブラをすばやくつけたのだった・・
 
 
 
2) 漢方が効いてはいるが、副作用が依然強い。 最初に3ヶ月使用した

フェアストンは比較的副作用が強くなかったように感じるが、副作用を理由

に薬の変更は可能か?
 
ダメなんだってー・・ 保険審査が通らないんだって。 閉経前の人に
 
閉経後の薬を出すと審査にひっかかっちゃうんだって・・
 
「どうしてもっていうなら、手がないわけじゃないけど」と・・・
 


  ど、土下座でもしろと?(笑) _| ̄|●


確かにフェアストンを飲んだ最初の3ヶ月は副作用が今ほど強くなかった
 
けど、ノルバに変えてすぐにひどくなったわけではない。
 
主治医曰く「バネ指もテニス肘も病名がそうやってついているものだから
 
それは直接の薬の副作用じゃないかも知れないよ?」
 
あら、せんせ、いい事いうじゃない、たまには (わるーい)
 
色々考えて土下座せず(笑)このまま続行することにしたよw


 
3) リューブリンは2年の予定で、今年一杯の予定だが、1年


追加して3年続けたほうがいいのかどうか・・・


 
「うん。それね。 3年やる人もいるんだけど・・ 3年やった場合の
 
結果ってまだ出てないんだよ。 2年続けると効果があるっていう
 
ことはわかっているんだけど・・ 僕は2年でいいと思うけどね・・」
 
 
んじゃ、まだ時間あるからゆっくり考えることにします。 注射が


終われば、ノルバだけになって、副作用がどう変化するかも
 
わかるし、またその時に相談させていただきます。
 
「おう、そうだ、そうだよ。 そうしようよ」
 
 
まだ確か5月だよね?
 
それなのに「検査の予約入れちゃおうよー。 どんどん取れなく
 
なっちゃうからさぁ。今いれとけば好きなところ取れるから」
 
と主治医・・
 
マンモ、エコー、肺CT、骨シンチの標準セット・・ 
 
今回は「2年クリアの記念に脳も検査してください」とお願いし
 
予約を入れてもらった・・
 
もう一度言うけど、今5月だよね? 
 
一番早いMRIの予約・・ 12月末だって・・
 
別に12月でも良かったんだけど、11月のほかの検査と一緒に
 
できるからと勧められて造影剤入れてのCTに変えた。
 
造影剤・・ 胸のMRIで具合悪くなったんだけど・・ 
 
具合悪いのが続いたんでなければ、どうせ検査するなら造影剤で
 
やったほうがいいとのことで我慢して受けることにしたよ。
 
 
聞きたいことを聞き、話したいことを話し、主治医と上手にコミュニ
 
ケーションをとれて何となく安心した一日でした!

 
 
posted by ナイトカオ at 14:44| 東京 ☀| Comment(35) | TrackBack(0) | フォローアップ通院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月27日

リュープリン三ヶ月製剤

 
前回の外来で(ほら、3時間待ちで触診なしの外来だってば)主治医に勧められ
 
リュープリンを一ヶ月製剤から3ヶ月製剤に変えた。
 
どうせ注射するのは看護婦さん。 1ヶ月に一度通院しても診察してもらえる
 
わけでもないしさー。
 
うちの病院ではすでに半数近くの患者さんが3ヶ月製剤に移行したそうです。
 
理由はやっぱり。
 
1 通院頻度が下がって楽
2 経済的メリット
  1ヶ月製剤 15,522円 
  3ヶ月製剤 27,560円 (3で割ると一ヶ月9187円)
 
毎月通って主治医に会えて安心感があるならメリットは大いにあるけど、
 
あーた、うちの病院じゃカンケーねーしー。
 
噂では「副作用が強い」と聞いたけど・・・・
 
すでに副作用MAXって感じなので変わらずです。
 
違うなーって思うのはね。
 
注射はお腹に打ってるんだけどね。 
 
いつまでも、いつまでも、痛かったっす。 
 
3−4日少し熱を持って、蚊に刺されたみたいに少し腫れてました。
 
1ヶ月製剤の時にはなかった症状です。
 
1ヶ月製剤を腕にしてたときはしばらく痛かったけど、お腹に変えてからは
 
注射のあとの痛みってあんまりなかったんだけどね。
 
今年も残すところあと1ヶ月ちょっとだね。
 
今年中にすること。
 
1) 女医先生の外来 1日
 
2) 放射線スットンキョンの外来 14日
 
3) 肺CT  (やっぱり心配だからヨソでやってくれるところに行こうと思うよ)
 
4) 婦人検診 (うちの主治医、検診受けろなんて一言もないよ。 でもホルモン
 
  治療やってる人みんな受けてるようだし、近所で検診受けてみるよ。 去年は
 
  区の検診受けた) 
 
 
たくさんあるな。 
posted by ナイトカオ at 10:08| 東京 ☔| Comment(52) | TrackBack(0) | フォローアップ通院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月08日

「たそがれマイラブ」「みずいろの雨」


骨シンチ行ってきました!  
 
なんと!10時に注射というから9:45に行ったら注射はすぐにしてもらえて・・
 
撮影は13:50と書かれた紙を渡された。
 
なぬ?  4時間も待つのぉ〜???
 
一度家に帰ろうか悩んだけど、一度帰ると出るの嫌になっちゃうし・・
 
実は「漫画喫茶」なるものに行ってみようと調べてあったのよ。(にやり)
 
でも・・ いざとなると健全そうな店がどれなのか見当がつかなくて・・
 
店を探している間に二駅位歩いてしまった。
 
しかたない。 奥の手を出すか・・
 
??〓 003.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
やっちゃいました。 ひとりカラオケ!  うひーっ 手(チョキ)カラオケ
 
なんと1時間240円だって。 ソフトドリンク飲み放題付きで・・・
 
おばちゃん古い歌しか知らないけど、一人なら誰に遠慮がいりまっか?
 
外ではこうもりがバタバタ落ちてるんじゃないかっていう超音波出して
 
歌ってまいりました!!
 
 ??〓 006.jpg
 
 
 
 やりました!得点99点!!
 
 間違ったのに、なして? これ大声コンテスト? 
 
 
 
 
その後、以前入院中同室だったTちゃんと一緒に行ったことのあるタイ料理
 
の店で鶏肉のバジル炒めを食べて・・
 ??〓 009.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
免疫アップ! 準備万端! いざ病院へ!!!
 
アイソトープとマジックで書かれた青い服に着替えて、トイレ行って、
 
寝てればいいんだもんねー。 
 
ん? あら「Lサイズ」よこしてくれたのね。 ありがとう。 
 
これ去年「Mサイズ」渡されて「これ新手のいじめ?」って思った記憶が・・
 
「はい、横になってください」
 
へいへいへいへい、なりまつよ・・ っと。
 
あーあ、足が見えちゃうな・・  うっきゃー、最後に脱毛したの昭和何年だっけ?
 
って位放置してた足にはこち亀の両津ばりのすね毛がボーボー・・・
 
はじかちーっもうやだ〜(悲しい顔)   
 
ま、いっか。 来年まで会わない人たちだしぃ・・・・
 
 ??〓 020.jpg
 
 入院していた病棟の窓から写真を撮って
 
 みました。 
 
 今度入院時の友達と1周年記念ノミをする
 
 予定なんざます。
 
 
窓から見えた場所でお祝いしようと幹事ナイトカオは思ったわけです。
 
そして今日は確認おばしてきました。
 
場所は決まり! さあて、何飲むかな? 
 
 
 
posted by ナイトカオ at 17:53| 東京 ☀| Comment(18) | TrackBack(0) | フォローアップ通院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月07日

去年の今日シリーズ


すみません。みなさん。 1周年おめでとうと何度も言わせてしまって(笑)
 
去年の今日シリーズはまだ数日続いてしまいます。
 
手術は11月8日でした。
 
そして同日、明日は骨シンチの検査の予約を入れました。 
 
10時に注射、3時間待ちで撮影という例の長丁場の検査です。 
 
去年は告知の3日後に受けました。 病院の売店で買った乳がん関係の本
 
をガクガクブルブル震えながら暗くて冷える病院のベンチで読みながら
 
時間を過ごしました。
 
ページをめくるごとに不安は増えていき・・・ 
 
ワシにとってその時読むべきでない本を手にとってしまったのだ。

 
誰か知っている人がいれば「最初に読む本」を教えてもらえたのに・・ ね。


父や幼馴染の名を呼びながら歯を食いしばり不安と戦いながら検査を終えた。
 
痛くもない検査なのにものすごい恐怖を感じた。
 
MRIの造影剤で気持ちわるーくなってからあの箱に入るのはどーも・・
 
でも、二回目だもんね。 明日はでーじょぶだー!
 


今日は北海道で大きな竜巻があって9人もの方が亡くなったとか・・ 今テレビの
 
ニュースで観ました。  突然のことで被害にあわれた方もご家族の方も本当に
 
驚いていることでしょう。 (ご冥福をお祈りします)
 
ワシは乳がんにはなったけれど、まだ乳がんで死ぬと決まったわけではない。
 
歩いていてマンホールに落ちるかも知れないし、散歩中頭の上に植木鉢が
 
落ちてくるかも知れない。 泥棒に鉢合わせして刺されちゃうかも知れないし、
 
テロに遭う可能性だってゼロではない世の中だ。  
 
未来は限りなく続いているように思っていたのは錯覚だった。
 
「そうじゃなかったんだ」
 
自分もいづれいろんなものに、いろんな人にさよならしなくてはならないんだ。
 
それがとてつもなく怖くて・・・
 
ドロドロに落ち込んだ。
 
もう本当にそれは泥の舟に乗って、ズブズブと沼に沈んでいくように・・
 
でもさ。 ちょいと考えてみれば、そんなことアタリマエのことだったんだよね。
 
今日があること。 明日があること。
 
感謝して大事に過ごさないといけないんだって・・ 
 
ジリジリ、 そう、ほんとうにジリジリ感じた。
 
そこでワシはやっとの思いで、ゆっくりとだけど、足や体についた泥を洗い落
 
としてトコトコと・・ もう一度歩き出すことができたんだ。
 
これってスゲー大事なことなのに。 ワシ馬鹿だからすぐ忘れちゃうんだ。
 
ちょっと目を離すと、また「未来は永遠」病に足をつっこんでしまう。
 
大事にすると誓った時間にリスペクトしていない。
 
いかん、こりゃ、いかん! 
 
命に限りがあることと、今日があることがすばらしいことなんだってこと。
 
冷蔵庫に書いておこう。 (開けない日はないからね)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

posted by ナイトカオ at 18:00| 東京 ☁| Comment(71) | TrackBack(0) | フォローアップ通院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月22日

アッチョンブリケ!!

 
今日は朝から何やかやと忙しかった。
 
週末はお墓参りで実家に帰るし・・  
 
ほっと一息喫茶店
 
病院の領収書を整理しはじめる。
 
「そういえば、もうそろそろだっけかな?」
 
「22日じゃあ、まだだよ。いつも月末じゃん、ジャンジャン!」
 
なんて馬鹿なことを言いつつ、必死で「次回の来院日」が書いてある
 
領収書を探す。
 
えっと、えっと、    えっと・・
 
ああ、あった、あった。   どれどれ・・・
 
 
     「9月22日(金) 8:40−11:00」
 
そっか・・ 22・・・  どあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ 
 
今何時? 肥満児太りすぎ!  (← 古いってば)
 
3時か・・   電話してみよう。
 
「かくかくじかじか」
 
「4時までに来れればいいですよ」
 
         ダーーーーーーーーーーーーッシュ! あせあせ(飛び散る汗)ダッシュ(走り出すさま)
 
そしてセーフ手(チョキ)
 
ほっとしたのも束の間・・ 
 
先輩看護師さんらしき人がわかーーーーーーーーーい看護師さんに
 
先輩 「○○さん、ひとりで大丈夫ね」 
 
わかーい看護師さん 「あ、ハイ!(はあと)」
 
   (ん? 若葉マークかぁ?)
 
わかーい看護師さん「はい、腕出してくださーい」
 
ワシ 「えっと、腕じゃなくてお腹に打ってもらってます」
 
わかーい看護師さん「ええ?そうなんですか?どうしてだろ?
 
    腕に何かトラブルでもあったの?」
 
ワシ 「うんにゃ、最近になってお腹にするように変わったです」
 
先輩看護師さん 「○○さん、お腹でいいのよ。お腹になったのよ」
 
わかーい看護師さん「ええええ?どうしよう。どうしよう。さっき腕に
 
      しちゃいました」
 
先輩看護師さん 「大丈夫よ。でもこれからはお腹にしてね」
 
わかーい看護師さん「じゃ、打ちますね。少しちくっとします」
 
ワシ 「はい」
 
 
   チクッ・・・・・     ツーンとした痛み  続く続く続く 
 
今までで一番痛く、そして長い、リューブリン注射でした。
 
でかいなりして、貧血を起こしてしまった。
 
ふらふらしているのに、電車が来そうになると階段を駆け下りるアホ一名。
 
運よく座れた。  ギモジワルイ・・・   うっ
 
こんな辛い思いをして、股関節の痛み、モモの裏の痛み、腰の痛み、
 
最近なんて指の関節まで痛い、油の切れた体にわざわざするんだもんな。
 
大したもんだ。  (お前だ< 悪性新生物)
 
それにしてもお腹に変えてからもう3ヶ月も経ってるのに、内部でそれが
 
十分に伝達されてないって、こわーい、くわばら、くわばら。
 
腕でもお腹でもおしりでもいいみたいだけど、もっとダイジな伝達事項だった
 
ら・・と思うとヒヤリハットだよ。
 
そんなこんなで10/24 リューブリンが終わりました。 
 
注射日を忘れるなんてはじめてだ。 
 
仕事では手帳を持たない主義だった。 (失くすとどーにもならなくなるから)
 
他人の予定は紙に書き込むが、自分の予定は頭に書くようにしていたんだ。
 
書いてしまうと、覚えていようという努力が薄れるワシである・・
 
しかし今回、書いてある紙があるのにそれを見ようとする努力すら
 
薄れていたことがわかった。
 
ホルモン治療のせいだ。(そうゆうことにしておいてくれよ)
 
posted by ナイトカオ at 18:25| 東京 🌁| Comment(39) | TrackBack(0) | フォローアップ通院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月26日

リューブリン 9/24

 
術後1年経ってないのに、既に主治医に会うのは半年後ってこれ
 
どーよ(汗) 
 
周りを見回してもワシ、かなり放任主義でチリョーされてないかい?
 
さすがに半年空くと薬が無くなるので、本日初の投薬外来病院
 
9時過ぎに受付したのに既に34番・・・ うっすら敗北感を感じたバッド(下向き矢印)
 
なのに・・・ 10分と待たずに順番が来た。
 
それもそのはず
 
せんせー 「ナイトカオさんですね」
 
ワシ  「はい」
 
せんせー 「抗がん剤3か月分ですね」
 
ワシ 「はい(抗がん剤って呼ぶんだなぁと思いつつ)」
 
せんせー 「結構です。 次どうぞ」
 
主治医もせいぜい5分診療だけど、こりゃあ30秒診療(?)じゃ。
 
リューブリンは9回目。 
 
注射ルームで看護師さんがチックンしてくれた。
 
お上手でした!
 
薬が出来るまでの待ち時間(30分かかったよ)院内を散歩してみた。
 
手術の翌朝、車椅子でつれてきてもらってレントゲンを撮った部屋の前
 
を通り、本棚一段が乳がん関連の本に埋まっている売店でちょっと立ち
 
読み・・ 
 
「がんになった人の食事」(こんな感じの題名だった)を手に取って見たら
 
キニナル記事発見!
 
「乳がんとアルコールの関係」
 
はっきりと原因はわかっていないけど、やっぱりアルコールがエストロゲン
 
を増やすんじゃないかって。 だからホルモン感受性のある乳がん患者さん
 
は完全に禁酒することが望ましいでしょうって書いてあった。(@・@)
 
あちこちで見かけることだけど、これめっちゃキニナル。 でも完全禁酒って
 
ひでー。 そりゃあ日本人にしょうゆやめろって言うに等しいよ。(爆)
 
イタリア人にパスタ食うなって言うに等しいよ。 パンダに笹食うなって言うに
 
等しいよ。 (しつこいね)
 
先日図書館で「がんにいい食べ物」という本を借りて来て読んでるんだけど、
 
がんに効く注射して、薬飲んで、野菜を積極的に摂ってって、ここまでは
 
非常にいいんだけど、悪いとわかっていてアルコールを飲んでしまったり、
 
減らさなくちゃならないってわかっててダイエットができないワシである。
 
いや、できないなんて言ってちゃあかんな。
 
わかってやらなくちゃ。
 
それでもいいって強く自覚してやらなくちゃ。 自分の身体なんだもん。
 
ね< 自分
 
アルコールをゼロにすることはワシにはできないけど可能な限り、機会
 
や量を減らして、そしてやっぱり運動しよう。
 
よし、今日からだ。
 
 
posted by ナイトカオ at 13:16| 東京 ☁| Comment(19) | TrackBack(0) | フォローアップ通院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月24日

主治医と仲直り


先週の水曜日は乳腺外科の外来日。
 
主治医との久しぶりのご対面・・・手(グー)
 
初対面から「ガツガツ焦って調べろ、さあ調べろ」という態度のワシと・・
 
「癌じゃないと思うのに、検査とは言えメスを入れるのは忍びない」という主治医との
 
間ですれ違いがあったことから、結果的に告知を受けてからも、なかなか信頼関係が
 
築けなかったんざんす。
 
初対面の診察の日、ワシが先生に「癌だと疑われてこちらに来たんですが、先生が癌
 
じゃないと思われるその根拠をわかるように説明してください」と半ば食ってかかってし
 
まったことから多分主治医にとっても「苦手なタイプ」の患者になってしまったかも・・
 
告知を受けてからも心のどこかで「癌じゃないって言ったじゃん!」って
 
別に主治医がワシの身体に癌を植えつけたわけでもないのに逆恨み的な気持ちが
 
どうしても拭えなかった・・
 
告知以降は特にうまく会話できなくなり、旦那を連れて話を聞くようにしたのだけど、
 
先生もワシに直接話さず、旦那に話しかけるし、ワシも旦那に答えるって感じで(笑)
 
(性格的に主治医とワシは似てるのかも知れない・・って思うわ) 
 
それが・・・
 
術後しばらく経って、無事に元気になったワシには「感謝」の気持ちを残して、
 
他の感情はどんどん消えて行ったようで、普通に素直に接することが出来るように
 
なってきた。  癌と一緒に病んでしまった心がかなり癒されて来たんだと思う。

 

元々ワシはコメディアン的性格で、人を見たら笑わせないと気が済まないようなタイプ。
 
わだかまりが消えて普通に接することが出来るようになったワシに対して
 
今まで決して厳しい表情を変えることがなかった主治医が大声でゲラゲラ笑った。
 
雑談までした。 (← 以前は一切なかった  大丈夫、以上、さよなら!って感じ)
 
「3ヶ月ごとに外来に来てって言ったけど、この分じゃもう次11月でいいよ。 術後1年
 
の検査をやって、その結果説明を聞きに来て」 と主治医。

 

(注: 骨シンチ、肺のCT、血液検査、肝臓のエコー、ムネのエコーとマンモだって)
 
今までだったら「こいつ、また手を抜こうと思いやがって」と食ってかかったかも(笑)
 
「薬はきちんと飲んで注射もきちんと受けて欲しいけど、あとは気にせず普通に
 
生活していいからね」という言葉も「元気になって良かったね」という言葉も、うれしく
 
響いたよ。
 
斜めになってたワシのヘソ、元に戻ったらしい。
 
仲直りしたところで11月まで会えなくなった主治医だが、それまでにモノマネの腕を
 
磨いて、また笑わせてやるぜ。 待ってろよっ!  ちゃお! 

 


 

posted by ナイトカオ at 11:39| 東京 🌁| Comment(31) | TrackBack(0) | フォローアップ通院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。