2012年04月26日

チビキのギブスが取れました

長らくご無沙汰いたしましたが、骨折から約4ヶ月が経ち、やっとチビキのギブスが取れました♪

その間、いろーんな事がありましたが、何とかかんとかやっとここまで来れて、ほっとしました。

まず最初に当然ながらワシの精神状態がどうにかなりそうなパンク状態になり・・ 心療内科に飛び込みたいのにチビキの足の見張りをしないといけないから断念。 乳がん主治医にリーゼ5ミリを30粒処方してもらい、やべー時にだけコクリ。 効いてるのか効いてないのかわからないけど、飲んだという事実だけで結構ガラスのワシの心に寄り添ってくれた。 ありがとう、リーゼ(はぁと)

次は不正出血。 元旦から2週間ずーーーっと変な出血が続き・・ 1年半程前に内膜増殖症かや?と再検査を受けてた(そして去年はさぼった)ワシとしてはドッキドキ。  心療内科よりまずこっちだろう、と婦人科はキヨ犬を見張りにつけておじいちゃん先生のところへ行って来た。 これ、出血が止まった1月中旬。
結果は2週間後に出たが、ノー問題。 むしろ問題は、ちょっぴり物忘れの段階が上にアップしたおじいちゃん先生のこと。
体がん検査があまり痛くないから通っていたのだけど、看護婦さんがいちいち「まだxxしてません」とか声をかけないと順番を間違える。
次回6月に来てくださいと言われたが、ちょっぴり不安がよぎる。(笑)
元気でいてね、先生。

当然ながら首の骨が曲がっちゃってるワシにはチビキの抱っこは厳禁。 
だけどしょーがないじゃん、我が子の危機なんだから。
手の痺れ再発。 でも先生には内緒。 首の牽引には月に2−3回しか通えず・・ 

精神的なダメージが歯茎にドーン。 以前にも何度かあったのよね。 弱いところに出るって言うじゃない?
ワシの場合、歯だったわ。 
何と26年前に治療した虫歯が中から悪化?! 眠れないほどのキョーレツな痛みに襲われ、担当の歯医者さんが夢にまで出てくる始末。
ロキソニンの効き目を実感。
しかし、痛くなってから飲むんじゃ駄目なのね〜。 痛くなる前に飲んでおかなきゃ・・

んでもって、ロキソニン様のお世話になる事件がまた勃発!
右手の人差し指にちょっとしたひび割れか何か・・切り傷が出来たの。 どんどん痛くなるので、傷パワーパッドを貼っていたけど、いつもならすぐに治る傷パワーパッド・・ 何で治らないんだろう???
ん? なんかちょっと割と痛くない? いや、めっちゃ痛い! 
傷を見ると米粒みたいなのがポツン・・  それがどんどん大きくなり・・ 制御不能! 
はい、また眠れないほどの痛みがやってきました! 何もしなくてもずーーーっとジンジンズンズン(痛)
キヨ犬に早く帰ってもらってチビキの見張りを頼み、以前かかったことのある浸潤法の整形外科の先生のところまで自転車飛ばしてギリギリセーフ! 

「肉芽腫になってますねぇ。抗生剤出しますから3日飲みきってください。それとステロイドの塗り薬出しますから1日2回よく洗ってから塗って、普通のバンドエイド貼って。痛みはロキソニンでコントロールして。」

ありがとう、ロキソニン君。 今回も助けてもらったね! 指切って化膿して肉芽腫になっちゃったのにも効くんだね。 えらいえらい!
指をちょっと切っただけでこんな大事になっちゃうなんてね。 1ヶ月経ってやっとバンドエイドが外せたのでした。

さてさて、やっとギブスが外せたチビキだけど、今度はギブス負け。 特に肉球がかさぶたになっていてピンク色の仔犬ちゃんのあんよがお目見え。 今度はチビキの肉球にお薬塗る毎日よ(苦笑) 
んでもって念のため泥とかつかない方が良いからリハビリ散歩の時にはビニールかぶせてガムテープで補強。
骨折した足はしてない方の足の半分の細さになっちゃった・・
肉球が治ったら、どんどん歩いてリハビリして筋肉戻さないとね!

再骨折も後遺症もなく、このまま前のような生活が出来るようになりますように!

なんか、久しぶりの記事が、通院自慢になっちゃった(爆)


posted by ナイトカオ at 11:48| 東京 ☔| Comment(4823) | TrackBack(0) | わんこの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月14日

本当に辛かった年末年始の事件

タイトルを見て、うぬぬぬぬ?と思われた方、ごめんなさい。 今回は乳がんネタではなく、わんこネタです。

詳しい事はチビキのブログに書いていこうと思うので、こちらにはダイジェストと(フレンズにわかって欲しい)ワシの気持ちを書いてみようと思います。

12月18日(日)に事件は起こりました。いつものように公園でキヨ犬とかけっこをして遊んでいたチビキがものすごい悲鳴をあげたのです。

「どうしたの?」「踏んじゃった」「どうして!」「どうしてって、わざと踏むわけないだろう」

そんな会話無意味・・(汗)  走り寄って抱き上げ落ち着かせるしかできない。

日曜日でもやっている病院に連れて行きレントゲンを撮ったところ、人間で言うと足の甲のところにある4本の骨が4本とも折れてると・・

翌日19日は年に1度の全身検査の日。 私の気持ちわかる人・・ フレンズしかいないよね・・

手術が必要かどうか2−3日様子を見るということで帰宅。 手術になった場合でも1週間後にしかできないと言われる。
すぐに対応してくれる病院を探してセカンドを取ろうかと考えたけれど、何せ翌日検査で一日いない事は決定している。 身動きが取れない。

検査のキャンセルも考えた。 しかしそれは出来ない。 その検査の予約がどれだけ大事な席か、よくわかっている。 
告知を受けたばかりの、一日も早く検査を受けたいと思っている誰かの座れたかもしれない席。 そしてワシのために用意されたワシのための番。 当日キャンセルして空席になんてできない。 
 

特にアイソトープは「薬剤が無駄になるから当日のキャンセル禁止!」と書いてある。 したくてする人いないと思うけど・・と思いつつ、赤で書かれたその文字を思い出す。 

ただでさえ、毎年この時期、正常な判断が出来るような状態にない。自分の検査、そして結果を聞く外来受診日。 
どうでもいいや、と思う反面、どうでもよくないことはよくわかっている。
こんな中、セカンドを取りに回ったとしてもどれが正しくてどれが正しくないかなんて判断つくの? 迷うだけで決められないなら無意味。
誰かを信じるしかない。
 
縁あって診てもらった先生は若い先生だけれど、感じが良かった。  正常な判断ができない今、信じるべきは目の前のプロ。

翌日の全身検査はみなさんご存知の通り、一日仕事。 朝一で並ぶ検査センター受付。 年末のせいか激混み。

エコー、マンモ、シンチの注射、採血、CT、シンチ、会計 

術前も含めるともう7回目だから慣れてるせいか、茫然としている中でも無事順番も間違えず無事終了。

チビキの事が心配で心配で、その事しか頭になくて、体が震えて仕方ない。 はたから見たら全然違う理由で動揺しているように見えただろうな・・でも場所が場所だったから違和感なく、人ごみに座っていられた。

でも結果は非常に不安。特に飲まず食わずで採血して貧血になってやしないの? 慌てて採血前にランチを飲み込んだ。(意味ある?)

小走りで、でもドアはそーっと開けて、帰宅するとチビキは大喜び。 そしてその晩下痢。 私が1日いないと神経性の下痢をすることがよくある。 入院なんて避けたい・・ 
でも本当にこのままで治るの?

自分の検査結果は28日の外来でわかる。 それまでにチビキの事も決めなければならない。 
本当に精神的にギリギリ。 いや、大きくキャパを越えていた。

21日に再受診してやはり手術を勧められ、22日に術前検査。 

手術は26か27と言われ、27になりそうなニュアンスだったので、28日に自分の受診があって自宅待機できないので不安だと伝えてみたら、先生が都合を合わせてくれたらしく、26日にしてもらえた。

次の問題は入院期間だった。年末年始だもの・・ 土日も営業している病院だけどさすがに31から3日まではお休み。 

私はほとんどノイローゼ。 18日からほとんど食べられないし、寝られないし、完全にウツagain!
朝のトイレはキヨ犬と共同作業、でも出勤してしまえばずっとチビキと二人きり。静かにさせておくためにつきっきり。
夕方のトイレは一人で抱っこしてしそうな場所を探し求めてさまよって・・ キヨ犬が帰宅したら大喜びになってしまうチビキを制止して見張りを頼んで10分で速攻お風呂。 トイレや二階に洗濯物を取りに行く以外はずーっとチビキの見張りだもの、仕方ないよね。

私が不安を訴えたのもあったんでしょう。 先生は「足を一度でもついたら再手術になってしまう」と言い、更にビビる私に1〜2ヶ月の長期入院を勧めてくれた。 一度でも・・なんて無理に決まってるじゃない? 犬なんだから・・ 言ってわかるわけじゃないし。

こうなったら一部屋リフォームして内窓をつけて防音して音がない状態で二人でこもる部屋を入院中に準備しよう。 それに、入院したらその間に心療内科を受診してこのヘタレな精神状態を手助けしてくれる薬を飲む飲まないではなく、お守りとして処方してもらおう。
自分をまず何とかしないとチビキを守れない。 本当にギリギリだった。

多分担当獣医さんにもそれが伝わったんでしょうね。 でも長期入院なんて・・ チビキに耐えられるわけない・・
でも私本当に限界に来てる・・

と思い悩んでいたら、手術前日、キヨ犬が「俺に考えがある」と。

ワシは10分で我慢しているのにいつも平気で長風呂のキヨ犬。 この日もまたごゆっくりでうらやましいこと・・と思っていたら・・ ドアを開けて入って来たその頭は坊主。 チビキが「だ、だれや!」と唸る。 (安静にしてないといけないのにその意味がわからないキヨ犬)

「頭を丸めて覚悟を決め、会社を1週間でも2週間でも休んでチビキの面倒を看ることにしましたからチビキを早く退院させてあげてください!」

そうワシを説得。 そりゃワシだってチビキに辛い思いをさせたいなんて思うわけがない。 思うはずがないじゃん。

手術当日。先生だってそりゃびっくりよ。 サリーちゃんのパパみたいな癖毛でゲーハを必死に隠していた男がツルツル光って登場したんだから・・   
キヨ犬の決意表明をワシがかわりに伝えると先生は上目勝ちにキヨ犬の頭を見ながら「そ、そうですか・・ そこまで覚悟を決めてくださったのなら経過を見て一番早いタイミングで退院させてあげられるように考えましょう。」
頭突きでもされるかと思ったろうか・・(爆)

ワシ的にはかなり不安は残っていたけど、自分の検査結果さえ大丈夫なら、そして心療内科に行けさえすれば何とか頑張れるだろうと思った。というか、頑張れないようじゃ駄目じゃん!と思った。 ようやく(あって当たり前の)協力姿勢をキヨ犬も見せてくれたし。

でもしつこく「退院して痛がったりしても何もしてやれないとしたら退院させる意味がないし、痛みをコントロールしてあげる方法や安静方法もまだ不安があるのでその辺のところも色々質問があると思うので是非相談に乗ってください」と頼み込んだ。
しつこいワシにも「はい!何でも聞いてください!」という先生に感謝。

手術の結果は夕方先生から電話で知らされた。 

(詳しくはチビキのブログに書いたけど)「手術は成功し、麻酔からも覚醒しました。」 もう本当にほっとした。
「麻酔の影響で少し咳が残っちゃう子がいるのでその辺のところを観察して問題なければ29日に退院」と聞いて、ええええええええ

1 自分の結果わかる日の翌日じゃん
2 心療内科通えないじゃん
3 リフォームできない(内窓貼ろうかと思った)じゃん
4 まだ(自分)寝てないじゃん
5 休み中何かあったらどうするの?

でも先生は、チビキのスペースをずーっとキープして何か不安な点があったら休み中でもいつでもすぐに戻れるようにしておくから安心してって言ってくれて・・ 痛がるかもしれないっていう不安にも、強い鎮痛剤を注射したから大丈夫だけど、もしも不安なようなら痛みどめを飲み薬で処方するからおかしいな?と思ったら飲ませてあげてもいいと言ってくれて・・ 

「惚れてまうやろ〜っ!」

決心がつきました! 
「もういいや、自分なんてどうなったって。苦しきゃ苦しいでざまーみろだ。」 ← 開き直る瞬間いつも自分に言うセリフ

28日の結果は無事クリアでした。 肺にいくつか影はあるけど大きくなってないから癌じゃないでしょう。 術側に石灰化が(結構たくさん)あるけど大丈夫でしょう。 前置きのいくつかは、結構気になる文言だけど、ま、今は大丈夫って言われるだけでOK! これ以上突き詰めてもしょうがないしね! 

で、先生に相談。 ちゃんと正直にこんなことがあって、そしてこんな状態なので、安定剤が欲しいと申し出る。 

で、DRグワッシ、昭和の男の言った事・・

「お安い御用だよ!」

久しぶりに聞いたこのセリフ(笑)  さすがDRグワッシ(爆)
リーゼ5ミリを30日分出してもらいました! お守りゲット!
体が小刻みに震え、いつも緊張状態で、何しろこの大食漢の私が気持ち悪くて食べられない・・ 挙句自分に「ざま−みろ」だし(爆)

チビキの術後の経過は良好だった! 本当に良かった!
だって自分の事を思い出しちゃうじゃない?
麻酔から覚めてすぐの強烈な吐き気! 喉の傷は炎症を起こして声なんて出ないのに痛くて我慢できなくてナースコールしたら「何ですか?」って聞かれて・・ 「痛みどめしてください!」って言ったら「もうしました」とか言われて・・  (どーなの、うちの病院!)
当時のことが思い出されて・・ 側にいられるわけでもないし、チビキはナースコールさえできないし・・  (してもうちの病院みたいな対応だったら同じだけど)

でもうちのお利口なチビキは(爆)お咳もなくて、傷もきれいで、おしっこも出て、ご飯もたくさん食べるんですって!(馬鹿)

こっから大分はしょるけど・・(チビキのブログに書いたし) 無事に早期退院出来ちゃったチビキは29日からずっと一緒にいます! 

一日中監視するのは本当に骨の折れる(洒落が言えるほど元気になったんだ、ワシ)仕事だけど、一生懸命頑張ってる。
しかし、本当に辛かった。 

リーゼ5ミリ。 チビキを取り戻してホッとしてもう不要だって思ったけど、やっぱり日々の世話の中で不安に駆られることは多々あって・・
何度か飲んでみた。
処方箋には寝る前に一錠って書いてあったけど、キリキリ尖った精神状態をメローにしたいので、昼間にゴクン。
効果は・・ よくわかんない。 でも飲んだんだから落ち着くよ!って自分に言って聞かせるだけの武器にはなる。
眠くなって昼寝をするようなこともないけど・・ 

早朝覚醒はまだ続いてるかな。 でも夜はまぁまぁ眠れるようになった。 
 
眠れると体力が戻って食欲も出て体も楽になるもんだね。

辛かった〜 すごく辛かった〜 

今もまだずっと見張り生活で家にこもっていて状況は変わっていないけど、この記事やチビキの骨日記を書いてアップできたんだから大分気持ちも強くなったってことだよね。




業務連絡: 年賀状いただいてまだ返せてない方ごめんなさいー。 こんな調子でして(汗)

















posted by ナイトカオ at 11:47| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | わんこの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月07日

冬の海を見に行ってきたド!

ピンクリボン一緒に歩こうヨのお誘い記事はクリックヒヤー



今年こそ一杯日記を書くどー!と思ったのに・・ じぇんじぇん更新してなかった。 えへっえへっ


先週、下田に行ってきたんだ。 冬の海っていいねぇ〜っ 

いつも最初だけバチバチ撮って旅行(オフ会もね)中盤からカメラをカバンに閉まったままで写真がないっ!ってことが多いんだけど、今回はたくさーん撮れたんだ。

チビキの日記はこっちだよ! 

すっごくいい天気でね! 空気も澄んでいて雲もなんにもなーい日だったの。 景色がすんばらしくて気持ちよかった!



旅のあらすじは・・・

【海老名SAで朝ご飯買い食い】
ワシら二人&一匹は買い食いが大好き。チビキの大好物のアメリカンドッグと海老入りのたこ焼き、メロンパンを食べたよ

20110201030.JPG

千葉まで見えたど!



【伊豆高原のペットカフェでランチ】
カフェキャンディさんでランチ。 看板犬のでかさにびっくり!(グレートデン) 後からHP見て知ったんだけど今は亡き愛犬キャンディちゃんが悪性リンパ腫になったことがきっかけで開業されたとか・・
去年泊まった伊豆高原のお宿も心臓に病気を抱えた愛犬と一緒に過ごすために開業されたって聞いたんだ・・
愛犬ちゃんたちへの深い愛情は家族の生き方を変えるほど強いものなんだよね。

↓ 

【宿到着】

お宿はペットも一緒に泊まれるMoon Rivage (ムーンリバージュ)さんでした。

去年の8月にオープンされたというオーナーご夫婦がとっても誠実で親切。 
え?どうして誠実って思うかって?
何も考えずに色々と質問しちゃったんだけど、そのひとつひとつに濁すでもなく避けるわけでもなくきちんと答えてくれたの。

ほんと、ここでふと自分に立ち返り、最近の自分はこんな風に人に対して誠実に接することができてるかなーなんて考えちゃったりしたわ。

「おもてなしの心」で十分にもてなしてもらったって感じで気持ちよく滞在できました〜。



【さっそくの散歩】

お散歩してたらチビキと同じシェルティを連れたおばさまと遭遇して世間話。 どこから見ても観光客なワシらに対して人懐っこいおばさまだなーと思っていたら、今度は近くでたばこを吸ってたおじいさんがよろよろと近づいて来てまたもやおしゃべり(笑) おじいさんの戦争体験まで聞くことになろうとは・・(笑)  よくよく考えたら海水浴場だから観光客には慣れているからなんだな〜と納得!  
3日も滞在したら知り合いがすごい増えそうな(笑) 

20110201028.JPG お宿の側に移動販売車が来てたよ〜



【展望ジャグジー】
汚い余計なものが映ると困るからカメラはもっていかなかったんで写真ないんだけど、すごーーーく景色がよくて気持ちよかったよ〜。



【夕飯うめー】
チビキの日記に画像載せたよ! 人に心をこめて作ってもらったご飯って本当においしいんだよね〜。 まいう〜だった!



【夜の散歩で星に感動】
唯一の星うんちく。 オリオン座の3つ星の下にゴニョゴニョと見えるオリオン大星雲を指さしてキヨ犬に教えてあげてたら・・ 二人一緒に流れ星を見た! ロマンチックーッ でも、この二人じゃね〜 (残念)
引き潮で砂浜がひろーーーーくなっててチビキはダッシュダッシュで満喫したよ。


【部屋で波の音を聞く(居眠りして寝酒こぼす)】
「コレッてありですか?を観ていたらキヨ犬がテレビ消して波の音を聞きたいと言う。じゃあ、ちょっくら波の音でも聞こうかいなとソファーに座ってお宿のオーナーから頂いたナイトキャップをもって座ったら爆睡!  波の音って寝れるわぁ〜



【朝の散歩 砂浜ダッシュ20本 海に落ちる真似をしてチビキに怒られるキヨ犬】
チビキね。 川とか滝とか崖とかに落ちそうな振りをするとすごい怒るの(笑) 今回海でやってみますた!(笑)

shimodachibiki.gif

親ばかならぬ、愛犬ばかですんまそん(爆)


【朝食うめー】
チビキの日記に画像載せたよ!
鯵の開きがおいしかったからお店を聞いて買いにいったんだ。そうしたらびっくりなお店だった↓



【爪木崎で水仙見て灯台で記念撮影】

20110201010.JPGshimoda002.JPG


【下田の町を散策 キヨ犬、靴ずれでぐずる】

20110201005.gif


【カフェでランチ】
お宿で教えてもらった入口付近にペットOK席があるカフェルドーヴィルさん

20110201008.JPG20110201007.JPG

犬連れでも店内にいれてくれるお店って貴重だわ〜

サービスしてもらって感激!




【ひもの屋でひものに感動、内装に感動】

お宿の朝ご飯に出たおいしい鯵の開きを求めて尋ねたひもの屋さん すごかったーーー

shimodahimono.png 

石亀水産さん

港がすぐ目の前で昔は魚倉庫だった建物なんだって。 ご主人が趣味の骨董品などをディスプレイしたとのことでびっくりな内装だったよ。 レトローというか、すごくユニーク。 干物のお味は格別でお店のストーブで焼いて試食させてもらったきびなごが超おいしかったー。


相変わらず「食べる」か「犬と遊ぶ」しかない我家の旅行記・・ 


読んでくれてさんきゅっ!





 
posted by ナイトカオ at 15:28| 東京 ☀| Comment(2528) | TrackBack(0) | わんこの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月29日

迷子の柴犬ちゃん

チビキのお友達、ごんまりちゃんのブログからの転載です。

チビキの日記ブログにも書いたけれど、こちらに比べたら圧倒的にアクセスが少ないので(汗)こちらにも宣伝させてね☆


【以下転載】


「12月21日 板橋区小茂根で柴犬の女の子が保護されました


maigoshibachan.jpgmaigoshibachan2.jpg


最大の特徴は左耳の先が無いこと

とっても懐っこく
どこを触って怒ることなく大人しく良い子です

幸いなことに保護してくれた方が一時預かりしてくれているので、寒くて冷たい保健所でクリスマスを過ごすことなく命の危険にもさらされていませんが病院へ行き、健康診断をしてもらったところフィラリア陽性で寄生虫もちで尻尾にも怪しいシコリがありました。

板橋警察に届けを出してあるのでお心当たりの方は板橋警察署(3964‐0110)まで連絡してください。

またブログをしている方(特に板橋・練馬・中野)にお願いです。

この記事の転載をお願いします!!!」


【転載ここまで】



東京近辺でわんこ飼ってる方、わんこを飼っている友達のいる方、「こうゆうわんこが保護されていて今飼い主さんを探しているみたいだよー」という話を是非お散歩友達などに話してみてくださいね〜。


実は12月に入ってこれで迷子情報に接するの3度目です。


一度目は12月12日の日曜日。 キヨ犬とチビキ犬とワシで城北公園の広場で遊んでいたら、自転車で近づいて来た男性が・・・

「もしかして(うるさいから)文句言われる?」とちょっと構えたら違って(笑)

「実は朝の3時に公園近くで散歩させていたスピッツが首抜けして逃げちゃったんです。」とのこと。

それからずっと自転車で探していたらしい・・ (その時朝9時だった) 

更に12月23日の夕方。 近所を大きな白いわんこがノーリードで大喜びで走っていくのを見かけたの。 リードを引きずるような音が聞こえたような気がするも、確認する間もなく「わーい!わーい!」状態で坂を駆け上っていっちゃった。

追いかける飼い主さんの気配なし。

ショボーン



ちゃんとお家に帰れたかなぁ??



写真の芝ちゃんも特徴があるので飼い主さんや飼い主さんをご存じの方にたどり着けますように・・


posted by ナイトカオ at 19:48| 東京 ☀| わんこの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月03日

チビキとキヨ犬

20100702231019.jpg

チビキももう4才。 人間で言えば30過ぎ。 つまりおじさん二人床で居眠り・・の図(笑)

世話をしているのは100%ワシなのに、犬2匹は本当に仲良し・・ 

今日はこの前行った森林公園での恥ずかしい画像を紹介するよw

20100625001.jpg

はじめてのアジリティに挑戦!  ってハードルひくっ!(爆笑)

20100625002.jpg

何度も何度も繰り返し教えるが・・

20100625003.jpg

よけます(笑)


でも何十回もキヨ犬だけが飛んで・・ ついに!

20100625004.jpg

できたよ! 顔が得意げっ!

20100625005.jpg

低いけど・・ 上手にできるようになったよ!

20100625006.jpg


広い広いドッグランでひとりっきり!  いっぱい遊べたね! 

フレンズの犬オフなんてやったら楽しいだろうなぁ〜っ みんな仲良くなれるかな?

DSCN5104.jpg

暑い一日で汗汗だったけど・・ 広くてとっても遊べる公園でしたっ!

DSCN5098.jpg


でも驚いたのがこの黒い鳥の集団。

ヒッチコックもビックリ!  川鵜(カワウ)が増えちゃったんだって。 カラスなんてまったく見ないほど、強烈に数で勝ってた。 


DSCN5106.jpg


公園のあとは、公園近くにあったドッグカフェへ・・ 


カフェミントさん


べっぴんさんがいて超ごきげんなチビキでした!

料理も(画像ないけど)とってもおいしかったよ。 ワシはロコモコ。キヨ犬は冷製スパゲッティ。チビキは豆乳ホットケーキ。  3人でモギュモギュ、うまーーーっしてきました。

20100625007.jpg




チビキが4歳になったということはワシがヒトヅマになって4年だってこと。 そして乳がんになって4年半だってこと。 


こんなに元気に、こんなに笑っていることを。  フレンズ新人さんたちにおっきな声で言いたい! 
posted by ナイトカオ at 13:51| 東京 ☀| わんこの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月13日

チビキの誕生日

6月12日はチビキの誕生日だったの。

でもキヨ犬がどうしても仕事が休めないってことで一日早く、記念(?)旅行に行ってきました♪

行き先は清里。 理由は「行った事ないから」(笑) 

20100611001.jpg


バブリーな時期だったか・・ ソフトクリームに行列ができてるって聞いたことがある清泉寮で、はい、お約束のソフトクリーム食べたよ。

ハイ、ポーズ!

20100611002.jpg


ランチは何故かお好み焼きとオムソバ(笑) 

なかなか犬連れで入れて涼しげなところって見つからなくて、色々うろうろしたけど、結果的にはすごくおいしかったし、大満足なお店に入れました♪

ヒッコリーファーム

お好み焼きに胡桃やお餅が入ってて色んな味がしてうまかったよ〜♪

20100611003.jpg20100611004.jpg


【左がオムソバ、右がヒッコリー焼き】


20100611005.jpg

ペットと一緒っていうガイドブックをかかえて作戦を練るキヨ犬(笑)


じゃあ、マイナスイオンを吸収しに、滝にでも行きましょうかっ 山道をくねくね移動して・・ 横谷渓谷へ・・・  


20100611006.jpg


乙女滝! 不自然に持ち上げられて不服そうなチビキと記念にパシャリ!

山の中はいいよね〜  力がわいてくるっていうか・・ 分けてもらえるっていうか・・

20100612003.jpg


【私がちょっと離れると気になってしょうがないチビキ】


さて、もういい時間だよ。 そろそろ帰ろうか・・・ 談合坂SAのドッグランで少し遊ぼうか・・?

あれ、17:30までだって・・・ 仕方ない・・  ドッグラン外でリードしたまま走って遊ぶぞーー!

20100611008.jpg


20100611009.jpg


【チビキ、大満足〜♪】


チビキは4歳になりました♪

乳がんになって半年後に生まれたチビキ。 ってことはあと半年でワシ、術後5年になるんだな。

いつも側にいてくれてありがとう。

誕生日がご馳走をと思って腕をふるったら・・・  げりぴーした犬2匹・・・ (爆)

チビキ犬はわかるけど、なぜキヨ犬までがっ! 

ワシ全然ダイジョーブなんすけどね! 



posted by ナイトカオ at 15:33| 東京 ☀| Comment(1254) | TrackBack(0) | わんこの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月04日

迷子犬「バアニ」捜索ブログのご紹介

シェルティつながりのお友達を通じて知った「ちばわん」というわんちゃんや猫ちゃんの殺処分ゼロを目指して活動されているボランティア団体のこと。

前から書きたい!って思ってたのだけど、やっぱり辛い現実が見え隠れするもんで・・ 気持ちの上下のはげしき妙齢の乳がん患者(俺だ)にとって下降スイッチを押してしまうことも自分自身あるし、フレンズのその禁断のスイッチを押しちゃったらどーしましょうと・・ 気の小さいワシ、今まで書けなかった。

でもね。書くね。 やだなと思うフレンズはスルーしてね。 カオちゃんのお願いよ。(爆)
今回は迷い犬のお話なんだけどね。

うちも一時預かりさんできないかなぁと常日頃思っていたところに、チビキの散歩中お友達になったキアラちゃんっていうわんこもちばわん出身だということがわかってびっくり!
何かできることはないかなぁと思って去年のはじめ、里親会の見学に行ってみたんだ。

そこでキアラちゃんを一時預かりしていたまひろさんが次に預かっていたバアニちゃんの里親探しのためにいらしていたのでご挨拶させてもらったの。

バアニちゃん・・  わけあり苦労犬でね。 本当にいいわんこなのだけど、悲しい癖があったりして(男の人が怖い) 幸せ犬になれますようにと、陰ながら応援していたのだけど・・  
本当の飼い主さんにめぐり合えてホッとしたのもつかの間、昨年の12月19日にちょっとした隙で逸走してしまったのだそう。

今、まひろさんをはじめ多くのボランティアさんたちの手でバアニちゃん探しをしています。

迷子犬「バアニ」捜索ブログ

神奈川県中部の大磯・平塚周辺を捜索しているそうです。

お近くの方、一人歩きのわんこをもし見かけなかったかな?
もし何か心当たりがあったらよろしくお願いします。

baani.jpg




まひろさんのお宅にいた頃のバアニちゃんの動画がとても印象に残っています。
まひろさんが「バアニ」って呼ぶと寝ているのにしっぽを振って返事をするの。


早く帰っておいで。 暖かい場所でお腹一杯おいしいご飯を食べてぐっすり寝られる場所に帰っておいで。

posted by ナイトカオ at 23:07| 東京 ☀| わんこの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あけました2010年♪

みなさま、あけましておめでとうございます♪♪♪

今年はちゃんと記事(日記)を書くべと思うナイトカオたんでございますw

コメント欄は開けて記事をアップすると恐ろしい数のエロ宣伝コメントがついてしまうようになり、おとろしくて閉じています。 (消しきれない位の数なんですよ。100近い!) が、ちょこちょこ試してみて突然開けてみるなーんてこともあるやも知れませぬが・・  お気楽〜におつきあいくださいませ。(うふん)

元来文字を書くことは好きなんでございますが、気を抜くとばっちり気持ちがばっちり出すぎてしまい、「あ、こりゃーアップしちゃ良くねーべー」と思い、非公開ボタンを押してしまうという体はでかいが気持ちは小さい去年までのナイトカオたんでした。 がっ! 今年からは心を体に合せようかと・・ (逆ではないのかい?) ぼんやり考えたりしてまつ。

さてさて、ワシの年末年始ですが、いつものように飼い主ワシの実家に先に行って年越しをして、帰りにキヨ犬の実家に行くというパターンでちょっぴり忙しいお正月でした。  

今回のメインイベントは・・
31日にワシが留守をしていた間、キヨ犬がチビキを連れて近所を散歩したんだけど・・ 途中50M位前方にノーリードのシェルティが「ワン」とチビキに向かって吠えたんだそう・・
チビキは雄ワンで弱っちいのでキヨ犬は「向かって来たらどうしよう・・」と考え、様子を見ていると、そのシェルティは逃げるように角を曲がって行ってしまったそう・・

「もしかして迷子犬?」と思い、ネットで検索するとまさにその目撃場所近くで迷子のシェルティを捜していらっしゃる飼い主さんを発見!  「捕まえてあげたらよかった。でもチビキがいたからできなかった。」とイジイジ犬になっていたキヨ犬を連れてその日の午後からナイトカオのプチレスキュー第二弾開始ですわ。
第一弾はこちら

31日の午後、ナイトカオ実家近くはめっちゃ寒く、風も上州の空っ風がおっかないおかーちゃんと連れ立ってやってきたみたいな中、雪(アラレ?)までちらつき・・・ ウィンドブレーカーのフードをかぶって寒さに肩をいからせた人間離れしたキヨ犬の格好を姪っ子と二人で指をさして笑いながらの捜索になった。(わるーい)

2年前のピンクリボンスマイルウォークでもらったシマウマさんのバックにはハーネスや首輪、リードに加えてチビキまっしぐらのおやつがぎっしり。 

農業用水を引き込むためのポンプが入った小さな小屋を地元では水道小屋というのだけど、それをいちいち覗き込む人間離れキヨ犬。 大男だし、怪しいし(笑)、これひとりだったら絶対駐在さんが自転車で見に来るだろうなぁと思ってニヤニヤする、嗚呼ワシも十分大女だった・・ (いい加減痩せろ)
捕まる前に捕まえよう・・・

「あ、前方に茶色と白の何かが道を渡った」ってなもんで駆けつけてみたら「猫」みたいな?
怪しい上にへっぽこ探偵団・・

2010010102.jpg

【余談ですが】
元旦の朝 なんと捜索中に富士山が見えました。手前に観覧車なんて見えるけど富士急ハイランド?とか・・・ もちろん思わないよね?w 一回お金払うと二周してくれるかなりローカルな小さな観覧車ですわ(笑) 見えるのは田んぼビューONLY(爆) 
高校生の頃、この観覧車に乗ろうとしたら急に雨が降ってきて・・ 観覧車を操作していた若い男の子が「うわぁぁぁぁ 感電する〜 逃げろ〜」と言って持ち場から走り去って行ったのを目撃したカオちゃんでした。 ウケル・・・


さてさて話は迷い犬捜索の話にいきなり戻って・・・いよいよ最終日。今日が最後だから頑張って見つけよう!と気合入れて歩き回ったのだけど・・
やっぱりいないね・・・
最後にもう一周!と思い、現場近くを捜索してみると、な、なんと!

シェルティ発見! よそさまのお宅の敷地内に・・・  よく見ると黒っぽい首輪が見えるがつながれてはいない。 外飼いのシェルティだ。  
探していらっしゃる方はメスのシェルティを探していたし、この外飼いシェルティは男の子。 
おそらく、この飼い主さんがたまに外を自由に散歩させるのかも知れない。 (昔はこの辺の人はみんなそうしていた)
キヨ犬が見かけたのはこの子だろう・・ ということで、ジャンジャン♪

はふぅ・・・ 
それにしても迷い犬を探すって本当に大変だろうな。
バアニちゃん。  見つかって欲しい・・・

今回のことで何度も思い出したのは、昔飼っていた「チビ」という名前のシェルティ。 実によくいなくなった。 隣の家のマルチーズの女の子がヒート中なので子供が欲しいからかして欲しいと言われて親がチビを貸したときのこと。 
「かわいいー」ってなもんで、そこの家の子がチビを触りたくてフェンスを開けた途端、脱兎のごとく走って逃げたチビ・・
隣なんだから帰ってくりゃーいいのに、逆方向に・・ (あほだ、お前は)

当時はナイトカオ実家方面では有線放送というのがあって、地区内の連絡に使われていたんだけど、そこに頼んで「○○さんちの犬が逃げました。見かけた方は電話ください」みたいな放送を何度も流し(当一回3000円)一家総出で捜索。
ワシも泣きながら「ちびー、ちびー」と名前を呼んで探しているとなんと前方からバスタオルに包まれた泥の塊を臭そうに抱えたヤスコが歩いて来た・・(汗)

「野良犬に追いかけられてドブにはまっていたところを近所の子供が見つけて教えてくれた」そうだ。
しゃー、弱っ!

雪が降ると、必ずチビはいなくなった。 屋根に積もった雪が溶けて下に落ちるドーンという音が怖くて我慢がならないようだった。 雷が鳴ってもいなくなった。 
有線放送でもっとも有名な犬となったであろう「チビ」は、数日経ってちゃっかり帰って来た。脱走していたのではなく、縁の下に隠れていただけだったことは体についた蜘蛛の巣が物語っていた。

この弱虫チビのことを思い出して、くすくすと笑ってしまったお正月だった。 

ついでにちょっと不思議な話をしてしまうと・・ (多分今まで書いてないと思うんだけどもし書いてたら勘弁ネ)

チビが亡くなったのはワシが20をちょっとすぎた頃だった。
具合が悪そうとかそういったことは一切なかった。 お盆休みだったと思う。 多分一泊で温泉かなにかにでかけたんだと思う。

「ただいまーー」真っ先にチビに挨拶に行ったワシ。 チビは元気に駆け寄って来たけど、ワシにははっきりと何かがわかった。  
今日でお別れだということ。
不思議でしょう?
泣きながらチビを抱きしめると、チビから伝わってきたたくさんの「今までありがとう」

チビを一番かわいがっていたパパに伝えた

「ねえパパ。 チビ、今夜死ぬよ。」 

パパは驚いた顔をして「馬鹿言うな。見ろよ、庭走り回ってるよ。何言ってるんだ。」と指をさした。 確かにチビは元気そうだった。 

でも、ワシにはそれがわかってしまったんだ。 本当にはっきりと。


次の朝、「ワンワン」というチビの吠える声で目が覚めた。 「やったー 生きてる!」喜んで飛び起きて庭に出て「チビーーー」と名前を呼んだ。

でもチビはもういなかった。 ワシにそう伝えた通りに。

お正月の話、プチレスキュー(してないけど)の話から、すっかりチビの話になってしまった。


テラスのガラス戸を何度も割って怒られたチビ。 
パパのおかずを何度も盗み食いしたチビ。 
イカの燻製は大好きで、ジャイアントコーンは嫌いなチビ。 
鯖の水煮缶をご飯に混ぜたのしか食べなかったチビ。 
どんなにお腹が空いてもパンは絶対食べなかったチビ。


今頃パパと一緒かな?




つまらない長文おつきあいくださってあんがとさんでござんした。

今年もどうぞよろしくお願いいたします(特大はぁと)

2010010101.jpg

【大きな夫婦とチビキ犬 2010元旦@ナイトカオ実家裏】
posted by ナイトカオ at 17:39| 東京 ☀| わんこの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月01日

ナイトカオのプチレスキュー

 
いつも笑顔で!vol2 
 
チビキのお友達、シェルティのアトムちゃんと猫のミルクちゃんのブログで
 
捨てわんこ6匹がそれぞれ別の飼い主さんにもらわれていったんんだけど、
 
1年半振りに全員集合して再会したって記事があって感動した。
 
そしてある事件を思い出したよ。
 
あれは何年前だったろう。 いち、にぃ、さん・・・ あ、ごめん、ちょっと指貸して(笑)
 
2000年の3月だな。
 
平日は中目黒にある日当たりは悪いけど夜しかいないので快適だった1DKのアパート
 
で過ごし、金曜の夜になると東武伊勢崎線の女になり、実家に帰り、前わんこのちびこ
 
さんとの甘い週末を過ごす生活だった。
 
いつものように手袋をしてダウンジャケットを着込んで風が吹き荒れる田んぼの真ん中
 
まで散歩にでかけると・・  
 
 
     コソコソ     コソコソ・・・・  となにやら音が・・
 
 
見ると田植えの時期には農業用水がジャンジャン流れる土管の中に子犬が
 
一匹、二匹、三匹・・・  一体何匹いるんだ?  ちいちゃい。 これ生まれて
 
何週間もしてないよ?!
 
どうしよう。困った。 どうにもできない。 実家はちびこさんがいるし、平日は
 
いないわけだから世話ができない。 
 
東京のアパートはペット禁止。 
 
ペットマンション買うか?(馬鹿)  いやだめだ。 留守勝ちなワシには無理。
 
とりあえず週末はご飯を運んで世話をしたが、月曜から仕事だ。 東京に
 
戻らないと・・・
 
ああ、心配だ。 こんなに寒い夜にどうやって過ごしているんだろう?
 
あんなに弱弱しい子犬が5匹も連なって暖めあって過ごすんだろうか? 
 
あと数ヶ月もしないうちに農業用水がひかれる。 そうしたらあの子たちは
 
住むところを追われちゃう。 
 
何とかしたい。 でもなんともできない・・・
 
ネットで探したそういったわんこを救ってくれている団体にコンタクトを取った。
 
でも悲しいかな・・・ 色いい返事は来なかった。
 
要するに今いるわんこで精一杯だから自分で何とかしてくれという返事。
 
何とかできないから相談したんだけどさ。  
 
仕事も手につかない。 心配で眠れない。 苦しくて苦しくて・・・
 
酒も増えた。(馬鹿)
 
あんまり心配で週の半ばに有給を取って実家に帰った。
 
もちろん上司には「捨て犬の様子を見に行くから」とは言わなかったがく〜(落胆した顔)
 
 
 
     イターーーーーーーーーーーーーーーーーーッ  
 
 
みんな揃ってた・・・! おっ 誰か世話してるな。 毛布が敷いてある・・
 
よかったー。 
 
ワシもドックフードを持参し、あちこちに仕込む・・ いっぺんに食べないで
 
必要なときに食べてねって言いながら。 (わかるか)
 
そんなこんなで週末はその場所に通ったワシだが、時間がない!
 
4月になれば水が来る。  行動に出なければ・・
 
2週間後、5匹いたわんこが3匹になっていた。 誰か拾ってくれたのかな?
 
残ったこの3わんをどうにかしなければ・・・
 
外のケージに雑種の子犬をいれて売ってるペットショップに相談に行った。
 
拾ってつれてきた人に3千円もらい、飼う人に3千円もらってえさ代にしている
 
とのこと。 3千円払って任せちゃおうか・・・  うううん。これは奥の手だ。
 
・・・と、そこにおばちゃんが現れ「タダの犬はいないの?」とペットショップの人
 
に聞いている。
 
「います!いますよ!いますから!」
 
事情を説明すると見に行きたいという。
 
早速ワシの車に乗っけて現場へ・・・・ 
 
行きしなハナシをしたところによるとそのおばさんは農家の出で実家にはいつも
 
犬がいたそう。 また犬が飼いたいと思って探していたけどお金出して犬を買う
 
ということに抵抗があるという・・  (うちの旦那も同じことを言ってたな)
 
現場につくとまっさきに一番大きい男の子を抱っこして、おばちゃんは泣き出した。
 
「ジョン、お前はジョンだよ」   (もう名前つけたんかい)
 
ワシも泣いた。
 
おばちゃんは後ろの座席でジョンを抱っこして泣き、ワシはハンドルを握りながら
 
べそべそ感動して泣いた。
 
おばちゃんが自分の子供の頃のことを思い出していることがよくわかった。
 
おばちゃんとジョンが幸せに暮らすであろうことがうれしくて涙が止まらなかった。
 
元のペットショップの前でおろすと、ジョンはゲロッと吐いた。 あら、ごめんね。
 
酔っちゃったのね。
 
おばちゃんはジョンを自転車のかごに乗せて「一緒に帰ろうね」と言い、何度も
 
お礼を言って別れた。
 
さて残り2匹だ。
 
土管に毛布を敷いてくれていた人は誰だろう?と思ったらどうやらそれはワシの
 
従兄弟の子供らしいことがわかった。
 
こうなりゃ押し売りだ。
 
「もう農業用水が来ちゃうから限界なんでもし飼い主が見つからなければペット
 
ショップに連れて行こうと思うんだけど」と言って家に行くと・・ 
 
従兄弟の子は二匹のうちの白くて小さい方を選んでくれた。 
 
残ったのは一匹。 
 
飼ってあげたかったが、母の猛反対を受け断念。
 
「返してらっしゃい」
 
これって子供の頃、何度か聞いたセリフだわ。(苦笑)
 
その時堅く誓ったね。
 
「ケッコンしてやるーーぅ。そして自分の家買ってやるぅーーー。
 
拾った犬は全部飼ってやるーっ」って(笑)
 
って、そんな誓いはどうでもいいんだけどさ(笑)  
 
そのわんこ、どうしたかというと、苦しい時の獣医頼み・・・
 
ちびこさんの主治医の先生に相談。 
 
飼い主を探してくれないかって頼んでみました。
 
もちろんペットショップという手もあったけど、最初5匹いたうちの2匹は
 
どうやら誰かがここに持ち込んだみたいなんだよね。
 
小さくて弱いわんこだけを連れて行ってくれた人がいたみたいで・・
 
この子はどこか別のルートで飼い主さんが探せないかな・・って思って。 
 
そして、無事に見つかったそうです。 
 
これで5わん全て水が来る前に行き先が決まりました。
 
ナイトカオのプチレスキューが無事終わりました。
 
後日談・・・
  
従兄弟いわく、あの晩帰宅するとすでに首輪をつけたその子がいて「お父さん、
 
いいでしょう?」って娘さんは一応聞いたけど、いいもなにもすでに首輪してる
 
んだぜーと笑っていた。 
 
 
わんこは人を幸せにするためにいてくれるのだから、人もわんこを幸せに
 
しなければならん! ならんのじゃー!と思う。   
 
そして今、ワシの足元ですやすや寝ているチビキくん。
 
幸せかい?ムード
posted by ナイトカオ at 11:35| 東京 ☀| Comment(47) | TrackBack(0) | わんこの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月19日

我家にシェルティの子犬がやってくる


モータースポーツ新装開店 ナイトカオの冒険(わんこ編) モータースポーツ
 
すったもんだありましたが、かわいいかわいいわが子(犬)が決定しました。
 
どうにもひっかかって出ない大物がついにお出ましになってめでたくトイレに流せた
 
ような爽快感(他に例えないの?)
 
 
 
リフォームは最後の段階に入った。  引越しまで秒読み♪ 
 
いよいよ忙しくなってきた。
 
今日は電話の引越しとプロバイダの引越しの依頼をした。  
 
引越しキャンペーンで2ヶ月無料だというので今月末にせず、8月と9月が無料に
 
なるように契約は8月1日からとした。
 
あとは引越し屋さんを選ばなくちゃ・・   一括見積もりというのに登録して
 
「電話はNG メールでのみ連絡可」としたのに予想通り電話がじゃんがじゃんが鳴る。
 
ワシ、駄目なのよ、そうゆうの。  それで既に却下よ、あなたたち・・
 
利用して良かった引越し業者
 
これだけたくさんの業者さんがいるんだもの、悩むよね。
 
目下2社にしぼり、検討中。 明日には決めなくちゃ。 
 
引越しって好き。
 
新しい生活ってワクワクする。
 
作業は大変だけれどね。 
 
 
間もなく「しこり発見」から1年が経とうとしている。  去年の今頃はアメリカのアーカン
 
ソー州に出張していた。  
 
「これが最後の海外出張かな?」  そんな予感も実はあった。
 
出張中に乳房の痛みがはじまった。 チリチリと焼けるように痛みが走った。

 

1年後の自分なんて想像だにできなかった。
 
先のことなんてわからないものよね。
 
だからこそ、今、今が楽しくなくちゃ駄目駄目ね!

 


 
アーカンソーでは総勢10名の団体だったのにも関わらず、現地の偉いさんのご夫婦
 
がホームパーティに招待してくれた。
 
本当に素敵なお家で揺れるハート 
 
 DSC00691.JPGDSC00690.JPGDSC00686.JPG

 
山の中に建っているお家なんだけど、山ごと自分家だってよ、おいたらーっ(汗)
 
テーブルをいくつか出して来て、かわいいテーブルクロスをかけて、
 
アメリカらしい大き目のお肉やピザ、そしてデケー野菜がごろごろ並んでました。
 
いつの日か、ここまで上等でなくても我家で楽しいホームパーティできるようになり
 

たいなって思った揺れるハート
 
 DSC00693.JPG

 
飛行機雲がクロスして輝いていた。 この空の向こうにいる大事な人たちに思いを
 
はせる瞬間でしたぴかぴか(新しい) 



 
 
 

posted by ナイトカオ at 20:42| 東京 ☁| Comment(1042) | TrackBack(0) | わんこの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月10日

ペットロス

 
ワシには相当デレデレのベロベロな愛犬がいた。
 
その名は「ちびこさん」  
 
何のことはない、前の犬が「ちび」で、今回は女の子だから「ちび子」になった。
 
アパート暮らしでペットは飼えなかったので実家でいつもお留守番させていた。
 
平日は仕事で東京暮らし、金曜の夜からは実家のある埼玉へ・・ (埼玉の奥地)
 
出張などで帰れなかった日には有給を使って平日会いに帰った。
 
ちびこ
 
 
 
← 10歳位だと思う。 若作りでしょ?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
昨日7/9はちびこさんの命日。  偶然にも先月コンタクトしたブリーダーさんの
 
お宅で生まれた子犬ちゃんとの対面日と重なった。
 
前の日から涙が止まらず、恥ずかしながら腫れた目でブリーダーさん宅にお邪魔
 
した。
 
ワシの大好きな大好きなシェルティが団体でいた! ざくざく出てくるわ出てくるわ・・
 
HEAVENなお宅だ!
 
ちびこに似た子を、ちびこと似たところを探してしまう自分にまた涙が出た。
 
なんと初対面の方の前でベーベー泣いてしまった。 (恥) 
 
しかもベラベラと何やかやと話し込み3−4時間は居座ってしまった。 その上・・
 
ワシったら子犬を選べない!!! 
 
男の子が二匹。 
 
どっちの子を選んでも、決めきれない。
 
「この子だ!」とひらめくものがなければ今回は諦めた方が・・とのアドバイスも
 
もらった。 
 
ワシがこっち、というと、相棒があっち・・といい・・ なかなか意見がまとまらない。
 
結局、長引かせても迷惑かけてしまうので今回は見送りということにしたが、
 
さっき相棒から電話がかかってきてそう伝えると「未練たらたら」な様子。
 
そうなるとワシだって未練タラタラだよ。
 
だってこの手に持っちゃったんだもん。 あのムチムチ感は忘れられないよ。
 
あの子たちが誰かのものになってしまうまで諦めきれないかも知れない。
 
このまま待っていてもいいの?
 
あの子の目が忘れられない。
 
本当は我家に来るべきわんこだったんじゃないの?
 
ちびこの命日に生まれたばかりのちびこと同じ色(セーブル)の子犬ちゃんを
 
ブリーダーさんに紹介してもらえることになっている。
 
でも、セーブルで耐えられるの? 
 
その子を抱きながら、ちびこを思って毎日泣かないかい? 
 
子供替わりに犬を飼うことにしたわけだけど、自分のお腹に宿るのではなく、
 
色や性別や種類など選べることが本当に辛い。
 
いつも留守番ばかりさせてしまったちびこの分も、精一杯幸せにしてあげたい。
 
でも出来ればちびこがいいのだ。
 
これをペットロスというのだろう。 しかしナゲーな、おい! 4年だよ。
 
次の子が来るという段階になってまで
 
涙は枯れることをしない。
 
頭の中はわんこで一杯だ。
 
posted by ナイトカオ at 16:31| 東京 🌁| Comment(36) | TrackBack(1) | わんこの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月26日

ちびこです

chibiko
 
みなさん、こんばんわんわん。
 
 
ご紹介しましょう! ワシの大事な天使わんこ、ちびこ。 いや、ちびこのぬいぐ
 
るみです。 12年間ワシを噛み、ワシにそむき、ワシにおしっこを引っ掛け、それ
 
でもワシに愛された「ちびこ」・・・  
 
4年前に癌で亡くしたんですわ。  o( _ _ )o ショボーン
 
(親友も癌、ワシも癌、犬まで癌だよ、おひ・・むかっ(怒り)
 
亡くなった時なんてワシ会議中でね・・ しかも進行役だったから涙をどっさり
 
たらしながら、鼻も地面に落下させながら、話をまとめ、議事録も書いてから 
 
ちびこの元にかけつけ・・ 
 
仕事なんか放り出して一緒にいてあげればよかったと自分を全開で呪ったもんだ。
 
いつまでもいつまでも相当なペットロスで・・・ (今でもね) 
 
そんなワシを励まそうと姪っ子がこの「ちびこさんのぬいぐるみ」をくれたのだ。
 
以来、ワシの宝物になった。
 
入院中も枕元に置いてあった。 
 
たまにお掃除のおばさんが「お散歩してましたよ・・」と拾い上げてくれたり・・(アハハ)
 
痛みで眠れずひたすら耐えていた手術の夜も横を見るとちびこ(のぬいぐるみ)が
 
いてくれた・・ 
 
仕事で寂しい思いをさせてしまったので、仕事をしている間はもう二度と犬は
 
飼えないなと思ってた。
 
そこへ来て、リストラ(爆) しかも乳がん(更に爆) 
 
ちびこが帰って来たいって言ってるんだよ。 そーだ、そーだ、きっとそーだ。
 
ナイトカオの人生は今音を立てて動いている。 ガラガラガラガラ(何の音?)
 
そうです。
 
この度、新しいわんこを迎えることを決めました。 (夏以降ね)
 
わんこのいる生活、また送れるかも知れない。 ヽ(`○´)/ワーイ
 
そう思うと嬉しくなって鼻が上向いちゃう! 
 
にやり
 
 
 
 
posted by ナイトカオ at 21:47| 東京 ☁| Comment(41) | TrackBack(0) | わんこの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。