2010年12月19日

今度は結膜炎だってさ

朝のわんこの散歩友達に「目、赤いよ〜」と言われたのは一昨日の朝。

特に違和感もなかったから自分で鏡を見るわけでもなく(見ろよ)、朝ご飯の時にキヨ犬に「ねえ、目赤いって言われたけど赤い?」って聞いてみたけど(チラ見)して「寝不足の充血じゃね?」と興味ない度MAXで答えたのでそのままにしていた。

ちょっとだるかったから外来で疲れた(心配だったし)のかなーと思って、だらだら過ごし、夕方またチビキの散歩に行く前にトイレに入ってパンツ持ち上げて目の前にある鏡を見てあらビックリ!

左目まっかっか! 

「うげっ!こりゃひどい!」

とは言っても、散歩に行かないわけにもいかないし・・とりあえず、家にある目薬さして様子見るか・・ と、散歩へ

涙も出てないし、目やにも出てないし、乳腺外来の時に久しぶりに化粧したからマスカラでも目に入ってこすったりしたかな?って思ったし・・

でも翌朝目覚めると・・・目やにタップリ! うわっ こりゃだめだ〜  はやり目だったら大変じゃん!

朝いちで近所の眼科に行くと、患者さんで一杯! 土曜日だったからかな。

「どうしました?」「目が充血してしまって・・」「目やにはでますか?」「はい」

この会話だけで「ほかの患者さんと隔離させていただきます」と言われ、特等席へ(笑)

じろじろ見られたけど(笑)楽ちんだった! 

「トイレに行く場合も声をかけてください」って書いてあって「え!(ー_ー)!!」だったりもしたけど・・

結果・・・

「完璧に結膜炎になってます。右は今は大丈夫ですけど、おそらく移るでしょう。でもご家族には移さないようにタオルは別々のものを使ってください。」

うへっ やっぱりか・・  

「はやり目ですか?」

「違いますね〜」

「でも移るということはどこかでもらっちゃったってことですか?」

「いや、そうとも言えないです。菌はそこら中にいますから・・ 疲れていたり体調が悪かったりするとなっちゃうことがあるんですよ。」

はぁ〜 やっぱりね〜  体調悪かった、確かに・・ うんうん・・

結膜炎なんて初めてよ。

少なくとも大人になってからこんな目になって目医者さんになったのははじめて!

無理してたかな? してたんだな、きっと・・・

結膜炎は抗菌目薬とステロイド系の炎症を抑える目薬の二種類を処方され、4日程度で良くなるそう。 

良くならなかったらもう一度来てくださいとおっしゃる先生に

「何を持って良くなったと判断すればいいのでしょうか?」と尋ねるうるさい乳がん患者一名(爆)

「目やにがでなくなったら良くなってます」

「なーるほろ!」

きちんと点眼して早く治さないとね!

さてさて・・・   めまいの方だけど・・   良くなりました!

良性発作性頭位眩暈症かもしれないと思ったけれど、先生に聞いてみたら「違いますね」とのこと

何が違うかというと「回り方が違う」そう・・

良性発作性頭位眩暈症なら効果的と言われてるエプリー法っていう体操があるらしいんだけど「ナイトカオさんの場合は効果ないでしょう」と言われちゃったわ。

「じゃあ、予防する方法はないと言うことですかね?」

「はい・・そうですね」

いいような悪いような・・

病名としては何ですか?

「内耳性の眩暈ですね。 良性発作性頭位眩暈症も内耳性ですが、その中にもいろいろあって・・・」  (よくわからなかったけど、これ以上聞いてもしょうがない感じだったのでここで納得)

悲鳴をあげたくなるほどの高速回転だったのに、大したことない感じの言い方だったので、大したことないんだろう、きっと(爆)

しばらく続いていたオエオエももうしなくなってるし・・ 回転も感じないから、とりあえず治ったのかな?

あんなにひどい目に遭ったのに予防法がないなんてやな感じ〜だけど、「回り方が違う」から「効果がない」んじゃしょうがないか・・(爆)

うーん、もっといいアドバイスないのかな〜 なかったのかな〜  という結末でした・・ ハハハ

で、お次は子宮体がん検診で「内膜増殖症」で「要再検査」と言われた件・・

区の検診でね。 引っかかったの。 1ヶ月後に再検査と言われたからその通りに受けたのだけど、二回目は問題なしという結果。

でもおじいちゃん先生が「念のためしばらく3か月ごとに調べてみたらどうか?」と提案してくださったので11月末にもう一度受けに行ってきた。

おじいちゃん・・ おじいちゃん・・ おじいちゃんはね。 組織採るのとっても上手で丁寧で痛くなくてとってもいいの。

でも・・  どうして忘れちゃうの?(笑)

「おかしいねぇ。どうして再検査なんだろうねぇ・・・」   (あい? そ、それは先生が言ったんじゃ? 汗)

エコーをかけて先生が言ったの。「8センチだね。1年前は7センチだから少し大きくなったね。筋腫でも大きくなったのかな?」

「先生、1年前じゃないです。3か月前です。3か月で1センチ大きくなったというのは早くないですか?」

「そうだねぇ。そうゆうこともあるのかねぇ・・」 (え?! (ー_ー)!! そうゆう答え?)

痛くないけど、頼りない先生に「2週間後結果を自分で聞きに来てね!」と言われ、行ってまいりました。

結果「問題なし」でほっとしたけれど・・・ 

3か月で1センチ大きくなったってどうゆうこと?という疑問がやっぱり残っちゃうよね。

で、勇気をもって尋ねてみたところ・・ おじいちゃん先生言い直す。

「やっぱり7センチだった。大きくなってなかった。」  (えーーー ほんとなのーーー?)

ちょっと不安も残るけど、結果はOKだったからま、いっか?!

「次は半年後に調べてみようか・・」 (え? まだ駄目なの?)

うーむ。 どうなの、どうなわけ・・ 1年後じゃダメなのかしら・・    せめて7か月後位に行こうかな(笑)

痛くはないからストレスは少ないけど、物忘れはストレスよ〜 また「なんで再検査なんだろうね」って言わないでね〜(笑)

年内最後の宿題は乳腺の恩人、女医先生の受診。

結果を報告してお礼を言っておしまいなんだけどね。

このところの色々の症状も含めて報告して来ようって思ってます。

大学病院でのLDHは高めだったけど標準内だった。

これも報告しないとね!

さあ、これで1年が終わるよ。

結膜炎も治ってね(苦笑)

ケツマクマヤコン、ケツマクマヤコン、結膜炎なーおれ! (ふるっ)
posted by ナイトカオ at 13:52| 東京 ☁| Comment(1528) | TrackBack(0) | フォローアップ通院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月16日

5年検診クリアしました☆

昨日グワッシのところに結果を聞きに行って来た。

めまいに続いて手にしびれが出るようになって、おまけに掃除機が壊れてホウキで掃除していたら腱鞘炎はぶり返しそうになるし、わきの下は張るし、腰痛でアイタタタタ・・・

体調が悪かったせいもあると思うけど悪夢にもうなされた(涙) 

予約の枠は15時から16時。でも大抵は13時から14時に20人近く、14時から15時まで更に15人とか予約が入っていて、どんなに早く受付しても前の時間枠の人が優先なので早目に行っても枠内のみの競争になるので大差ないの。

それでもいつも30分位前に行っていたけれど、今年はぎりぎりに行ってみた。

以前は今何番目の人を診察してるかなんてわからなかったけど、やっと我が病院でもわかるようになったのだ〜

「うほっ!15時に来て、15−16時枠の1番の人を診てるっ ありえないっ!」

予約があっても3時間待ちは当たり前ですなどという愛想のない張り紙がしてある病院なのに(爆) 改善されたんかっ?! 

予約NO7の紙を握りしめて、チッコに行くワシ・・  相変わらずビビりである。

あとはほかの患者さんの様子をチラ見しながら「わたしの妄想劇場」をおっぱじめないように別の妄想をはじめる。

「あ、あれ親子かな。 こっちはご夫婦?」 (どうでもいいのにね) 

名前を呼ばれるまでの約1時間。 「今心配しても結果が変わるわけではない」と繰り返し自分に言い続けた。(←これ効果あるわぁ)

そう。 もう結果はわかってるんだろうし、悪い結果を伝える時のグワッシの気持ちって複雑だろうなぁ・・なんて、急にグワッシの気持ちまで考え始める。 かわいそうだな。 大変な仕事だよな。 よく頑張れるよな。 なんてことまで考えて・・

「ナイトカオさん、2番にお入りください」

小走りで部屋に向かうワシに集まる待合室の患者さんの目。 (入るときはこれって結構痛い)

ガラガラ〜と部屋に入ると・・

グワッシが満面の笑顔だった

大きな声で「良かったねぇ〜 大丈夫!問題なし!」  

「ほんとですかぁ? おめでとうございますってわたしが言っちゃいました、ハハハハ(動揺して何を言ってるかもはやわからず)」

普段からほんの少し長めな鼻の下をもう少し長めに伸ばしながら(爆)本当にうれしそうに笑顔でわたしの顔を見るグワッシを見て、さっきの妄想を思い出し「そうか〜 こうゆう嬉しいことがあるから頑張れるんだな〜」なんてオチまで考え続けるワシ・・ 

「なんかあるぅ〜?」

「目がぐるぐる回るから耳鼻科に行ったんですけど三半気管の異常とかで薬飲んで治りました。でもそのあとになって手がしびれるようになって気になっちゃって・・ 特に右手が強いんでセンチネルの影響かなとも・・」 

グワッシの目が光るっ! ギラッ☆  

何? これってありですか?に出てくる詐欺師の顔? (爆)

「イヤ〜 ちょーどいい! うんうん! (さっきよりずっと嬉しそうに)」 後ろにいらした別の先生もおやつを前にしたチビキのように嬉しそうに立ち上がり・・

「あのね!今リハビリの先生と一緒に診察してるんだけどぉ〜。 リンパ浮腫についての注意点やなんかをこの際だから聞いちゃいなよぉ〜。いやぁ。ちょうど良かった〜 (よほど今日はそうゆう話がなかったのかな)」

診察室を変えてリハビリの先生が言った。 「上を脱いでバスタオルをかけて座って待ってくださいね」

「はい!」 (あれ?どこまで脱ぐんだろ・・ いいや。全部脱いじゃえ)

「準備できました!」 入ってきた先生もしかしてちょっと引いた? (たぶん脱ぎすぎ)

腕の寸法を左右計ってから、硬さの診断。

ずれてくるバスタオルを何度もかけなおしてくれる先生。(乳腺外科の先生にはないよね、オパーイ見るの仕事だからw)

(あははー 脱ぎすぎですかねぇっていうべき?ねぇ、いうべき? と自問自答)

ワシのうったえ「右手を使い過ぎると腋の下がはばったくなる。注意して使わないようにしているとそれが治る。両手にしびれを感じることがあるが、特に右が強い。」

DRリハビリ「左右にある症状はセンチネルには無関係でしょう。右手について違和感を感じたら休ませるというやり方はとてもいいです。ぜひ続けてください。 現状ですが、言われる通り、右腕の付け根が若干左に比べて硬いかなという印象は受けます。 気になるなら予防の意味でサポーター(ストッキングって言ったかも)をする方法もありますが、まだそこまではいいかな・・。  ただ、注意は今まで通り続けてくださいね。  本当にひどくなるまで待って、さあひどくなった、受診しようっていうのはダメですよ! ひどくならないうちに受診してくださいね!」

ぶw おもしろいじゃん、この先生(笑) グワッシよりトークいいよ、センセ(笑)

「せんせー、ほかには注意点などありますかぁ?」 (トーク期待)

「土を素手で触らないようにするとか、普段から手荒れなどをしないようにクリームをぬるなどして右手を大事にするといいと思います。あとはどうしても利き腕で使い過ぎてしまいがちですが、ナイトカオさんのおっしゃられてるはばったいなどの本人の感覚はとても大事です。もう大丈夫と思わずに、自身の感覚を頼りに常に気を配ることが予防に繋がります。」

「はーい!」

出番が来て嬉しそうだったリハビリの先生(笑) いい先生だった! (バスタオルかけなおしてくれたし)

リハ先生と話していた時、隣のグワッシの部屋に通された方が10年クリアしたようで大喜びしていた。 グワッシも喜んでいたけど、患者さんも「先生のおかげです」を連呼してなかなかお礼が言い終わらない(笑) 

そこでもう一度「グワッシ嬉しい、グワッシ嬉しい」と思ってグワッシが嬉しいことを一緒に心の中で喜ぶワシ

「ありがとーございました!」とDRリハにご挨拶してガラガラっと隣の診察室を出るとまた待合室の患者さんたちが一斉に注目目

そりゃそうだよね。 だって一度診察室出たのにすぐに隣の部屋に呼ばれて入って行ったんだもんね。

「あの(大きな)人どうしたんだろう?」ってきっと思ったよね。 

でもどんな顔をしていいかわからず、目をシバシバさせながら、やっぱり行きと同じように小走りで去ったワシである。

何故か同世代があまりいないうちの病院の乳腺術後外来の待合ベンチ(うんとおねえさま多し)

皆さんもお元気で。 次の外来でも注目し合おうね! (笑)



..とここで告白。

三半気管と一度は説明したけれど、その話をしていた時に間違って中枢神経の異常って言っちゃったような記憶が甦り、身もだえしたワシ・・・
だから、そのちゅーすーしんけーってどこ?なに?(笑)
舞い上がってしまって自分でも何を言ってるかわからなくなってて(笑) 
耳鼻科でメニエールって言われたの?って聞かれて「違うみたい。病名ないみたい」とか答えてるし・・ ないんじゃなくてはっきり聞いてないから知らないんだろうがっ! (この件はまた別記事にしますわ) 

そうゆう自分の舞い上がりバカさ加減を思い出して笑ってばかりいる今日のワシです。



あれから5年経ったんだなぁ。

術後の5年間。 思うような人生を送ったかなぁ。

今年いっぱい、といってももう2週間だけど、これが年内の宿題。

よーく考えよう。

せっかくがんになったんだから。

せっかく5年経ったんだから。

せっかく検査クリアさせてもらったんだから。

そしてね。

感謝するのです。

たくさん「ありがとう」を言って、ありがとうで満ちるの。  ちゃんと反省してからだよ。

あ、 でもこれは今言わなきゃ。

フレンズのみんな。  今までありがとう。 今日もありがとう。 明日からもありがとう。

頑張るね。 頑張ろうね。
posted by ナイトカオ at 14:01| 東京 ☁| Comment(13) | TrackBack(0) | フォローアップ通院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月01日

メーリーゴーランドめまい症

ものすんごい放置しちゃったぁ〜 あはっ あはっ (テレ笑い?) 

あんまり体調良くないなぁ〜という状態が続いていたんだ。

ん?なんかちょっと気持ち悪い?ってな感じとフラフラ〜っとする感じとか・・

「気のせい、気のせい〜」と気づかないふりをして過ごして来たけれど(食欲は不変だぜ)

ある日、その原因がわかった。 鈍感なワシ・・

このフラフラが風邪か疲れかなんだんべと思いつつ、昼間ちょいと横になってみたら・・ あれ? あれあれあれあれ?

天井のダウンライトが動いてる?? 目で追うと戻る、動く、あれまあれまぐるんぐるん、オエー 酔った!

なんだよ、めまいしてたのか。 だからフラフラしてたし、気持ち悪い感じが続いてたんだ。

ってか、ワシ、気づけよな、早く(汗)

去年も今頃同じようなことがあったの。 2−3日続いたけどすぐに治ってしまったから忘れてた!

気づいたその日は洗濯機位の回り方、でも翌日の夜の高速回転は「うぉぉぉぉ」って声が出る程の勢いだったよ。

こりゃ耳鼻科行かなきゃダメだ・・と思ってネットで評判などを収集してみると行きたいと思うクリニック発見・・ でもその日は休診・・

あっちゃー。 じゃ明日でいいや・・と思っていたら、翌朝目を開けるとシーーーーン。

治ってらっ(汗)

もう動いてねぇ〜

これじゃ耳鼻科受診してもうまく説明できないなぁ・・ と思ってやめちゃった。

でも午後になると「おえっ」「おーーーえっ」となる。 吐かないし、吐き気があるって感じでもないんだけど、急にオエってなっちゃうんだよね。

おかしいなぁ・・おかしいなぁ・・と思いつつ過ごしていたら・・

1週間後また回ったようちの天井! 

横になると回るの。 特に右向くと高速回転〜 あ〜れ〜  帯をひっぱられてぐるぐる脱がされる感じ?(うそだよ)

今行くしかない!と思って、行こうと思ってた耳鼻科へ・・

昔、大酒飲むと一人暮らしの1DKの天井も出張先のビジネスホテルの天井もぐーるぐる回ってたけど今回の症状にかなーり似てるけど、これ先生に伝えるべき?(やめろ)

はじめてお会いするクリニックの先生はどう見てもワシより若め(爆) 

すごく生真面目な冗談言わなさそうな神経質そうな真剣な顔つきの先生だった。

指を1本差し出され、目で追えと言われる。 じとーーーっ  はい、終わり。

手を前に出してだらーんとしてください。(ゾンビーと心の中で言って一人でうける)

耳の中の点検。  右よし、左よし。 (虫入ってなーい)

アイマスクみたいなのをして、「はい、ゆっくり横になってください」

「右向いてください。左向いてください。まっすぐに戻ってください。」

「めまいはどうですか?」

「ん〜〜 暗くてわかりません」 (この答え正しくない? 天井見えないんだもん)

「ハハハ(あ、笑った)」

「テストの結果、バランスを崩してる症状が現れています。 めまいはすぐに治まりますか?」

「いいえ。ずっとです。」

「1時間位ですか?」

「いいえ。横になっている限りずっと続いています。」

「ですから。一度めまいが起こった時、それが治まるまでの持続時間はどの位ですか?」

「だから、ずっとなんです。エンドレスです。目を閉じて、しばらくして目を開けても回ってますし。眠って、起きても目を開けるとまだ回ってますから、本人としてはずっと回っているのだと思っています。」

「あ・・そ、そうですか」 

「一番怖いのは脳に問題がある場合なんですが、それらしい症状は出ていないようなのでおそらく今回のめまいは三半器官のバランスがくずれているせいだと思います。 原因はわかっていないのですが、人間がバランスを取るためにある三半器官がうまく働かなくなることがあります。お薬を出しておきますから1週間服用してまた一週間後受診してください。」 

病名は言わなかったのだけど、おそらく良性発作性頭位眩暈症

リンク先を見て先生がどうして持続時間を繰り返し聞いたかわかった(笑) 長くても十数秒で止まるって書いてあった。

あ、そうか。普通の人はめまいがするとその動作をやめるのね。 その動作をやめると治まるんだね。(納得)

ワシの場合、「わー 回ってる回ってるー」でずっとその姿勢で目をつむっちゃうから(笑)  そのまま目を開けちゃうから(爆)

変わってる? 変わってるの?ワシって〜 

処方してもらったお薬はジェネリックを希望して「メニエース」

ぐるんぐるんって症状はなくなってるけど、おえーおえーはたまにあるんだよね。 フラフラ感もある感じするときあるし・・

「車の運転はできればしないでくださいね」と帰り際先生がおっしゃって「しませーん」と答えて帰ってきたけど・・

あ、でも・・自転車はいいの?(笑)



明日は全身検査なんだ。 一日がかりの検査だけどこれが一年の締めくくり。

微妙な時間にCTの予約が入ってて、一人カラオケができなさそう・・(笑) 

カラオケしたいなー。 検査一通り終わったら、みんなを誘って激安昼カラオケオフしよっかな〜っ




posted by ナイトカオ at 13:59| 東京 ☀| Comment(233) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月18日

幼馴染の七回忌

昨日は幼馴染の七回忌だったんだ。 もう6年も経つんだな〜。

幼馴染のふーは、40年の人生のうち半分をイタリアで過ごした。 
32で卵巣がんになり、イタリアで手術。
38で再発・転移、日本で手術。
40で旅立った。

情報はすべて自分だけで調べ、病院も自分で選び、治療法も医師と相談して自分だけで決めたと親族の方がおっしゃっておられた。


初発の時も、再発して帰国した時も、知らせてくれたけれど、まじめにその話をしようとしてもおちゃらけて相手にしてくれなかった。

ちゃんと治療しているの?ちゃんと検査しているの?

目を三角にしてしまいには怒りながら話すワシをからかいながらはぐらかすだけ・・

病気になるという経験をする前のワシは果たして本当の意味で彼女の心の中に届く声で話ができていただろうか・・?

自分だってそうだった。

乳がんになってしばらくは、乳がんになったことある人こっち側、なったことない人あっち側って実際分けてたもん。きっちりと。
やっと最近だもん、そうゆう区分けをしなくても人と知り合えるようになったのは・・

怒ってばかりいたワシには入院していることを告げずに、おバカなメールを送ってきたあいつ。

いきなり病院名をメールしてきた。  あわてて病院にかけつけると「こんなんなっちゃったんだで(訳:こんな風になってしまったのよ)」と言ってフフフと笑った。

ワシはなんでもないふりをして、なんでもないように言葉を交わし、淋しそうに見送るあいつとエレベーターの前で別れてからフェーンフェーンと声を出しながら駅まで歩いたんだ。

今のワシなら話を聞いてもらえたんじゃなかろうか・・ どうしてもそう考えてしまう。

隣に座らせてもらえたんじゃなかろうかって悔いてしまう。

順番が違うよ。  ワシを先にしてくれたらよかったのに。

線の向こう側じゃなくて、こっち側に一緒に並べたのに・・

6年も経ったのに、まだまだフェーンフェーンなのである・・・



お寺でお経をあげてくれたのは、小さい頃、ふーとワシがからかって遊んでいたその家の男の子。 ワシなどまだ名前にちゃん付けで呼んでしまう。 彼もどんな風に思っただろう・・  

今回は泣かないぞ!と決めていたんだけれど、前に座っていた大人になってからのお友達がスンスンと鼻をすする音に誘われて、いなかっぺ大将の大ちゃんの涙がポローンと落ちてしまった。

でも、むにゃむにゃむにゃ〜というお経を聞いていたら、ふーがナンジャソリャと言ってケラケラ笑ってるところが思い浮かんで笑いそうになった。

法要のあとのお清めの席でスピーチを頼まれていたワシ・・

泣いてしまってしゃべれなくなったらどうしよう・・・ 何を話そうか悩んでいたのだけれど・・ その時思った・・


そうだ! お笑いにしよう!


これもあれもと湧き出てくる、ふーとのおもしろ話を次々と話した。 

みんな大笑いしてくれた。

子供の頃、いつもお互いの家のお墓を行ったり来たりして遊んだこと(笑)
突然イタリアから帰国してワシの家にあがりこんでワシの分の夕飯を食べていたこと。(怒)
いつもふざけて強烈な方言で話していたこと
などなど・・

帰りがけに何人かが話しかけて来てくれた。

「お話、すごくおもしろかった。」と

あいつに褒められたみたいでとても嬉しかった。


たくさんの人が、色んな場所から集まって、ふーを偲んだ。

ワシの七回忌はどんなことになっちゃうのか、考えるとショボーンとなる。  やっぱりあいつはすごい女だった。

ワシの次にスピーチをしたおじさんが途中で「すみません。泣いてしまってもう話せなくなってしまいました」と言って席に座った。

あいつはおじさんまで泣かせた、わりー奴だ、。

みんなが泣いていた。

あいつがいないことを悲しんでいた。



あいつの遺言を繰り返そう。

「わたしは好きなものを食べ、好きなところに行き、自分の人生を満足するように生きた。 残される者たちはこの先自分の分も笑って生きて行って欲しい。 ほら「笑って!」「笑って!」」


posted by ナイトカオ at 14:28| 東京 ☀| Comment(627) | TrackBack(0) | お別れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月03日

ピンクリボンスマイルウォーク2010 ピンクリボンスマイルウォーク2010&オフ

昨日はピンクリボンスマイルウォーク♪ 晴天に恵まれました♪

日陰はさわやかだったけれど、日向を闊歩するにはちと暑かったカナ・・(汗)  一次会から参加のある方に「あんただけ日に焼けてる」と指摘を受けたわ。 あれ? おかしいな(笑) 表面積の差? (爆)

さてさて、今年もみんな一緒に6キロコースをワイワイガヤガヤおしゃべりしながら歩いてきました。

背中にピンク色のゼッケンをつけて!

今回ははじめて参加の方が3人。 そして更にちょぴんちゃんの旦那さん(ちょぴパパ)も参加してくれたのです。 


DSCN5623.jpg


会場は六本木ミッドタウン。  

DSCN5632.jpg


毎年参加者が増えてるような気がする・・ 今年は6キロだけでなく、11キロコースの前売り券も売り切れてたし・・
当日券はあったけど、参加賞でもらえるグッズがもらえなかったみたい・・

不景気を反映してか、参加賞もこじんまりとしてきたわね〜 

いつもより多かったのは・・

着ぐるみさんたち(笑)

DSCN5644.jpg

20101001002.jpg


お尻がキュートなまねきネコダック(笑)


カウントダウンの後、バーンとピンクリボンが空を舞い飛び〜

DSCN5633.jpg


DSCN5637.jpg

驚いたハトがあわてて逃げて行った(笑)

20101001001.jpg


みんなそれぞれの思いを抱えながらテクテクとコースを歩いたよ

DSCN5639.jpg

いつも寄り道が多すぎて(笑)折り返し地点まで到達できずにボランティアのおじーさまたちに追い返されてしまう我々だけど、今回は頑張って一生懸命に歩いたのっ! (威張ることなし)

早々とゴールしてしまったので(暑かったし)早めに新宿に移動して激安デイタイム価格でカラオケを1時間。 

それから同じく激安の個室居酒屋さんへ突入♪

参加者は・・ 

ちょぴパパ
breeze 
ストロチェリー
さくらこ
あんず
ほっこ
やっち
wakko
ナオコ
ぽよ
ちゃこら
mariko
ひめちゃ
シロクマ
M


ウォークした人しなかった人、飲んだ人、飲まなかった人、歌った人、騒いだ人、いろいろごっちゃですが・・・

当日の様子のレポートがあるかな、あるかな〜???(笑)


一緒に歩いてくれたフレンズ、一緒に食べてくれたフレンズ、一緒に飲んでくれたフレンズ、一緒に歌ってくれたフレンズ、一緒におしゃべりしてくれたフレンズ、参加できなかったけれど見守っていてくれたフレンズ、忘れていたけど今思い出してくれたフレンズ、最後まで読んでくれたフレンズ、ありがちょー(はぁと)




posted by ナイトカオ at 15:38| 東京 ☀| 楽しい事♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。